わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月28日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(5)

 「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす 奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし、猛き者もついにほろびぬ、ひとへに風の前の塵におなじ」(平家物語)。
 新型コロナウイルスの猛威に晒され、再び緊急事態宣言に揺れるなか、衝撃的なニュースが飛び込んできた。広告業界の巨人・電通グループが、ステータスシンボルとしてきた本社ビルを売却するというのだ。「猛き者もついにほろびぬ」。「電通王国」崩壊の鐘の声か。

代理店ビジネスからインターネット広告に転換

 電通グループはビジネスモデルの転換を図る。旧来型代理店ビジネスからの脱却だ。旧来型代理店ビジネスの海外子会社の統廃合を進める。度重なる海外事業の買収で、160を超えた現地広告会社のブランドを6つに統合して、事業を効率化する。

 ここ数年、傾注してきた消費者に関するさまざまなデータを活用したデジタルマーケディングを中心とする業態への転換を急ぐ。旧来の広告からインターネット広告に転換するということだ。

 電通グループがまとめた2020~22年の世界の広告市場成長予測によると、拡大が続くインターネット広告が21年の広告費の媒体別シェアで初めて50%に達するとしている。電通がドル箱にしてきたテレビは30%を割る。ビジネスモデルの転換を図る理由だ。

 だが、20年12月末現在の「のれん」が5,933億円、無形資産が2,071億円ある。買収した海外広告会社の統廃合を進めるためには、資産に計上されている「のれん」や無形資産を償却処理しなければならない。純資産8,203億円が減額される事態だ。

 かつて無借金を誇った「電通王国」が崩壊に向かう転換点になるだろう。M&Aがもたらす「のれん」の怖さである。

電通がくしゃみすると、メディアは風邪をひく

 巨大広告代理店・電通の力は、メディアが報道する内容をコントロールできることにある。意図する報道をした見返りに、次の月の広告を倍にする。収入の大半を広告に依存しているテレビや新聞などのメディアにとって、喉元を抑えられているようなものだ。

 『しんぶん赤旗』が昨年9月に連載した「巨大電通の漆黒」は、電通がもつ凄まじい力を報じている。広告に頼らない政党機関紙だからやれた。

 連載(5)(20年9月19日付)に、こんなくだりがある。

 「電通とライバル関係にある博報堂OBは、電通を『底知れない会社だ』と言います。『幅広い人脈をもち、全業種・全企業を網羅している。電通がくしゃみすると、メディアは風邪をひくといわれるほどメディアへの影響力は強い』と、その絶大な影響力に舌を巻きます。

 メディア関係者は朝3時、4時まで接待漬けにあうことも。企画案を出させれば、トラックいっぱいになる─―。業界の間では、電通に関してこんな逸話すらあります。

 創業以来119年の歴史を持つ電通には、かつてメディアへの“工作機関”が存在しました。以前、電通の雑誌局次長だったFにちなみ「F機関」と呼ばれていました。電通のクライアントの不祥事をもみ消す目的で、週刊誌に別の情報を報道させ、不祥事から世論の目をそらすといいます。雑誌社には協力に対する見返りも用意されていました。

 『半世紀以上前の話だよ。(Fのような人が)仮に今も存在していれば、電通の不祥事がメディアに晒されることはない』と、電通OBは言い切ります」。

 高橋まつりさんの過労死自殺(16年)をきっかけ、電通をめぐるさまざまな問題があぶり出された。持続化給付金の委託事業をめぐる税金の「中抜き」疑惑、東京五輪の買収疑惑。ここにきて、メディアがこぞって報じた。電通OBが嘆くように、電通の神通力が衰えてきたことを示している。

 トドメが“電通の顏”といえる汐留本社ビルの売却。巨大な黒子企業「電通王国」の崩壊を世間の目に晒したのである。

(了)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

2021年04月21日 11:29

【4/25~】昭和の記憶を回想 「博多どんたく」画像の吊り下げバナー企画~川端通商店街NEW!

 福岡市博多区の川端通商店街(上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合)において、吊り下げバナー企画「博多どんたく昭和の記憶」が25日から5月末まで(終了日未定)...

2021年04月21日 11:00

東芝のキングメーカーになった永山治取締役会議長~迷走を続ける東芝の救世主となるか(前)NEW!

 東芝への唐突なファンドからの買収提案は、わずか1週間で社長退任劇に発展した。東芝の社長交代会見には、会長から社長に復帰した綱川智氏と取締役会議長・永山治氏が出席し、...

2021年04月21日 10:17

【企業研究】九州卸の雄・ヤマエ久野(2)

 流通業を取り巻く環境は、少子高齢化に加えて、新型コロナウイルス感染拡大というゲリラ的に発生した逆風に見舞われ、今や乱世ともいうべき様相を呈している。さらなる問題は...

pagetop