わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月16日 16:42

インドネシア・パーム油生産農園視察(ボルネオ直行ルポ)(3)ジャカルタ発便までの苦しみ

ホテルに2泊

羽田空港
羽田空港

 6日午後10時に羽田空港に着くなり、宿泊予定のホテルへと急いだ。フロントで宿泊を明後日の夕方までに変更を申し出て、料金を事前に支払った。それから「出発の8日午後11時半分までどのように過ごすか」について思いをめぐらした。まず明日7日に再度PCR検査を受ける必要が生じた。浜松町に英文証明書を発行できるクリニックを見つけた。

 翌日、クリニックで検査を受け、証明書を検査翌8日午後1時に受け取ることにした。周囲を見渡すと、出国を準備しているアジア系の人たちでいっぱいである。このクリニックは価格が手頃ということと、羽田空港に近いため、アジア人が大勢来ているのであろう。することがないため、羽田空港内を歩きまわる。2日間それぞれ2万歩を歩いた。

 7日の夕方、新しいビザがメールで送られてきた。「ああ、これで入国できる」と安心した。8日13時にクリニックに陰性証明を受け取りに行った。その日も同様に多くの人がPCR検査にきており、半分は外国人であった。ビザとPCRの証明を受け取ったことで、出国できる資格を得ることになった。ホテルに戻り出国の準備を済ませ、羽田空港に向かった。そこで今回インドネシアに同行していただく三重氏(仮名)と落ち合った。羽田空港から海外に飛び立つのは4回目で、いつも混雑していた記憶があるのだが、非常に閑散としている。旅客がこれほどまでに少ないという現実を目撃して唖然とした。これでは「航空会社は各社とも赤字であり、存亡の危機に陥っており、これではやっていけない」と直感した。しかし、そう単純でもないとすぐに気づいた。

貨物で稼ぐ

スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)
スカルノ・ハッタ国際空港(ジャカルタ)

 午後8時過ぎに、今回の視察の主人公である薩摩氏(仮名)と同行者の佐賀氏(仮名)が現れた。ターミナル内の大半の食堂は午後8時で閉店している。現場を見れば、「これほどにお客がいなければ店を閉めるしかないだろう」と同情を禁じえなかった。フライト発着のスケジュール表を眺めると、午後6時以降、キャンセル便が8割という悲惨な状況である。午後9時以降で運行されているのは7便しかなかった。これは翌10日の午前6時までの便数である。我々が離陸する時間、午後11時半前後にロサンゼルス行きとシンガポール行きの便があった。薩摩氏に「今日の搭乗者はおそらく20人足らずではないか。これで利益が出るわけはないだろう。どうして便を飛ばしているのだろうか」と素朴な質問をぶつけたところ、薩摩氏からは「貨物で稼いでいるんですよ。貨物料金で十分採算が取れます。キャンセルをしていない便には必ず貨物のニーズがあるからです。インドネシア・ジャカルタとの間には確実に貨物需要があります。それで運行されているんです」と明確な答えが返ってきた。なるほどと了解できた。

年末年始よりも厳しくなった

 離陸の午後11時半はインドネシア時間で午後9時半である。時差は2時間、日本が早い。飛行機のなかでただひたすら寝た。ジャカルタ空港には午前5時前後に到着していた模様。飛行機から降りると入国手続きが待ち構えている。入国ゲートに親しげな表情で立っている現地の人がいた。あとでわかったのだが薩摩氏の古い付き合いであるという。この人が入国手続きのサポートをしてくれた。荷物検査は非常に厳しく、薩摩氏によると「昨年年末入国したよりも検査が非常に厳しくなっており、3月15日ころから入国が厳しくなった」とのことだ。1時間の入国手続きを終えた後、ジャカルタの土地に足を踏み入れることができた。

現地幹部の迎えを受ける

 入国ゲートを潜り抜けると3名の現地幹部たちが迎え入れてくれた。その1人は現地法人の社長で閣下と呼ばれている。運転者役を務める息子ともども、東京に長く住んでいたそうだ。薩摩氏とは当時からの付き合いという。ジャカルタの関係者たちが閣下と呼んでいるため、そのように呼んだ。もう1人は今回のパーム油農園購入の立役者のMr.ヤシ(仮名)である。現地のパーム油事業の責任者を務めている。もちろん、閣下とは永年の友人だ。このMr.ヤシが業界に精通していることがインドネシア滞在中によくわかったのであった。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の現役行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載す...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

2021年05月07日 16:53

米大手EC「iHerb」、コロナ禍で日本向けサプリの需要拡大

 サプリメント先進国である米国の大手EC・ネット通販企業「iHerb」では、サプリメントや化粧品など3万点に上る商品を185カ国、3,000万人以上の顧客に向けて、国...

2021年05月07日 16:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(前)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国の「企業城下町」の経済に深刻な打撃を与えた。企業城下町には大企業の工場に部品を納入する下請業者、孫請業者が幾重にも連なる...

pagetop