2024年04月19日( 金 )

太陽光発電関連会社テクノシステム社長らを詐欺容疑で逮捕~東京地検特捜部

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 東京地検特捜部は27日、詐欺容疑で太陽光発電関連会社(株)テクノシステム(横浜市西区)代表取締役社長の生田尚之被疑者(47)ら3人を逮捕した。

 生田容疑者らは昨年、太陽光発電やバイオマス発電事業への融資を受ける名目で、静岡県と徳島県の金融機関に偽の見積書や契約書などを提出し、計11億6,000万円を詐取した疑いがもたれている。東京地検特捜部は4月27~28日に同社および関係先を捜索していた。

 テクノシステムをめぐっては、ネット金融大手のSBIホールディングス(株)の子会社SBIソーシャルレンディング(株)から約383億円の融資を受けていた。しかし、約129億円は異なる用途に使われていたことが判明。SBIソーシャルレンディングは24日、貸付先の重大な懸案事項があり、ソーシャルレンディング事業の自主的な廃業と同事業からの撤退を発表するなど、取引先にも余波が広がっている。

 テクノシステムは2009年に設立、12年に太陽光発電事業に参入していた。同社は17日に事後処理を弁護士に一任し、法的申請の準備に入っている。6月上旬をメドに、東京地裁に対して民事再生法の適用を申請する意向という。負債は約150億円。

【茅野 雅弘】

関連キーワード

関連記事