2022年08月10日( 水 )
by データ・マックス

【再掲】2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(44)~ディズニー・フォレスト構想の可能性(3)

C&C21研究会 理事 下川 弘 氏

 「ディズニー・フォレスト」を誘致するには、米国本社であるウォルト・ディズニー・カンパニーと、日本の現地法人のウォルト・ディズニー・ジャパン(株)、そして東京ディズニーリゾート運営事業会社である(株)オリエンタルランドからの承諾が必要であることがわかった。

 そこで筆者は、まずウォルト・ディズニー・ジャパンとのコネクションをつくるため、東京にあるウォルト・ディズニー・ジャパンの本社を訪問。当時の社長であったポール・キャンドランド(Paul Candland)氏をお招きし、福岡での講演をお願いした。
 しかし、残念ながら「企業や団体からの講演依頼は受けられない」とのことであった。

 そこで、九州大学や、九州大学の学生団体「iTOP」からの協力を得ることで、2013年12月にポール・キャンドランド氏をお招きしての講演会を企画・開催することができた。

 この講演では、ウォルト・ディズニーの考える「ゲストへのおもてなしの心」「クオリティー・サービス」についてなど、大学生だけでなく、社会人が聞いてもためになる話をしていただいた。

 このときに、直接的な「ディズニー・フォレスト」誘致の話まではいかなかったものの、ウォルト・ディズニー・ジャパンにとって、福岡は非常に重要な場所であることがわかった。

2013年12月に、ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドランド社長(当時)の講演会を開催した
2013年12月に、ウォルト・ディズニー・ジャパンの
ポール・キャンドランド社長(当時)の講演会を開催した

(つづく)


<プロフィール>
C&C21研究会 理事 下川 弘 氏下川 弘(しもかわ・ひろし)

1961年生まれ、福岡県出身。熊本大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程を修了後、87年4月に(株)間組(現・(株)安藤・間)に入社。建築設計第一部や技術本部、総合企画本部企画部などを経て、99年1月には九州支店営業部に配属。その後、建築営業本部やベトナム現地法人、本社土木事業本部営業部長などを経て、2020年9月から九州支店建築営業部営業部長を務める。社外では99年9月からC&C21研究会事務局長(21年8月から理事)を務めるほか、体験活動協会FEA理事、(一社)日本プロジェクト産業協議会の国土・未来プロジェクト研究会幹事、(一社)防災教育指導協会顧問など数々の要職に就いている。

(43)
(45)

関連記事