• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月20日 10:00

韓国がついに先進国になった~国連が韓国の先進国入りを可決(後)

大韓民国元大統領顧問、元行政大学院院長 劉 鍾海 氏

 韓国がついに先進国になり、先進国になるという国民の古い夢がついに叶った。国連貿易開発会議(UNCTAD)が2021年7月2日、韓国の地位を発展途上国から、先進国のグループに変更する案件を可決したのだ。UNCTADが1964年に設立されて以来、発展途上国から先進国へと地位が変更された国は、韓国が初めとなる。元大統領顧問の劉鍾海氏に寄稿していただいた。

劉 鍾海 氏
劉 鍾海 氏

 国連が韓国の先進国入りを策定したのは、韓国現代史に大きな足跡を残す事件であり、国際貿易の歴史においても、記念となる出来事である。

 国を失った日帝強占期の36年間の痛恨の逆境から始まり、南北分断と6.25戦争(朝鮮戦争)の悲惨な廃墟のなかから、わずか70年のうちに世界最貧国から先進国となった。この短い期間に産業化と民主化を同時に成し遂げ、世界第7位の輸出大国へと急成長した韓国を見て、世界の人々は驚いている。

 驚異的な「漢江の奇跡」を実現するには、複数の要因が作用した。日本統治の下、国内外で活動した独立闘士、先烈らの崇高な献身、北の南侵、共産化の野心にも関わらず、自由を守ろうとした数多くの国軍将兵と米軍をはじめとした国連軍の犠牲があった。

 逆境と苦難のなか、韓国の鉱夫、看護師が西ドイツへと外貨獲得に赴いた努力が担保になって得た借款が祖国近代化の呼び水となり、韓国からのベトナム派兵の戦士らの血の代価であるドルが韓国経済発展の土台となり、近代化を遂げた。左翼では認められないが、このビジネスを導いた朴正煕大統領の祖国近代化事業を高く評価しなければならない。「一生懸命生きてみよう」のセマウル運動の旗の下に、私たち国民の忍耐、勤勉、情熱、そして血と汗が結実したのだ。

 世界229カ国のうち、領土規模102位、人口59位である小さな巨人、韓国が強国として世界に姿を現したのだ。

 これは何よりも、産業化の先頭に立つ多くの企業の競争力と昼夜を問わず積み重ねた努力の結果である。鉄鋼、造船業、仁川空港、地下鉄とともに、半導体生産率や高速通信網の普及率など、すべてが世界1位を走っている。

 上記以外にも、世界1位となっている「Made in Korea」の製品は数百個に達する。私たちの民族の優秀さがここからもわかるだろう。

 世界最高の商品を生み出したサムスンと現代自動車などの韓国の代表企業こそ、先進国加入を早めた一等功臣である。世界的な文化強国として、世界を熱狂させているKポップ・BTS(防弾少年団)、K-Food、K-Fashion、K-Movieなども注目を浴びている。

 その他にも、世界の人々が羨望する世界文化遺産であるハングルがあり、もっとも国民文盲率は最も低く、韓国人は教育熱があり教育水準も高く、洪水や台風災害のときには助け合い精神をもって先頭に立って行動してきた。IMFの「金を集めて輸出しよう」のときには、タンスのなかに深くしまっていた祖父や祖母の結婚指輪、孫の誕生日指輪を多くの国民が快く差し出した。

 これを見た世界は、韓国の国民性は貴重な研究対象だと驚いた。今回の先進国入りは、試練と逆境を乗り越えて立ち上がった国民による達成であり、胸が熱くなる出来事だ。

 しかし、今は、私たちが先進国と自慢してそれを祝う時ではない。キム・ジノン牧師は朝黙想で、韓国にはすでに後進の兆しがあるとして、7つの要因を挙げた。(1)労働意欲の喪失、すなわち無料を好む、(2)理念の混乱、すなわち北朝鮮が李朝500年の王統であるとの認定、(3)崩れる性倫理(同性愛も含む)、(4)不正腐敗(便法と違法も含む)、(5)国民健康の低下、(6)人口減少、(7)民主主義と民主化の混同、すなわち民主化運動圏出身者が勢力を伸ばしている国などの理由で、再び後進国に後退することを懸念している。

 国内政治と経済、社会では困難な課題が山積している。不動産政策の失敗で住宅価格が急騰して物価上昇率が9年ぶりに最高値まで上昇しており、庶民の生活を脅かしている。若年層の慢性的な失業、一部の人々にとって都合の良い政治、不公正など社会全般の問題点があり、国民が先進国であることを体感するのは難しい。

 今、韓国の負債は5,000兆ウォン(約479兆円)である。国民1人あたりの借金は1億ウォン(約1,000万円)、4人家族の場合は4億ウォン(約4,000万円)だ。自殺率はOECD加盟国のなかで1位だ。韓国国民の幸福指数は、OECD37カ国のうち35位にとどまっている。

 韓国銀行は最近、「史上最大に増えた家計負債や不動産価格の急騰で韓国の金融の状況が2008年の世界金融危機以来、最も不安な状態に悪化した」と指摘した。

 問題は政治にある。韓国政治の先進化が急務である。政府と社会を主導する人々は、韓国の社会の各分野のシステムを先進国レベルに引き上げて、国民の実質的な幸せにつながるよう、さらに尽力しなければならない。

 特定の分野だけではなく、誰もが幸せであり、バランスのとれた先進国にならなければならない。国民1人ひとりのマナーと意識も、先進国の国民らしくなければならない。先進国になるというのは、それだけ国際的責任と役割も大きくなるという点を留意しなければならないことを強調したい。

 国家の地位の高まりに基づいて、国際社会との連帯と外交協力も率先して実行しなければならない。今回、先進国となったことをきっかけにして、名実ともに先進国へと跳躍するため、政府と国民が共同で限りない努力を行うことが必要である。

 先進国になるということは、韓国の立場が高まるだけでなく、先進国として国家の責任が大きくなるということだ。また、国の責任だけでなく、国民も先進国の一員として、責任感を同時に強くもたなければならない。従って、私たちは先進国になったことを広く国民に知らせ、私たちにふさわしい意識構造を併せもつとともに、国民を教育しなければならない。

(了)


<プロフィール>
劉 鍾海
(ユ・ジョンヘ)
1931年生まれ。ソウル高校からソウル大学法科を経てソウル大学行政大学院を修了。米ミシガン大学で政治学博士号を取得。延世大学行政学教授、行政大学院院長、韓国行政学会会長、大統領政策諮問委員(大統領顧問)、総理室地方自治研究委員(地方議会)、韓米協会理事、ソウル大学総同窓会副会長/永年教育に関する功労賞(大統領褒賞:金泳三大統領)、民主平和統一協議会20年勤続褒賞(大統領褒賞:金大中大統領)など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop