• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月20日 17:35

UEFA EURO 2020サッカー欧州選手権と政治的影響

日伊経済連合会会長 ディサント・ダニエレ 氏

 日伊経済連合会のディサント・ダニエレ会長(ディサント(株)代表取締役)から、「UEFA EURO 2020サッカー欧州選手権」に関する記事を寄稿していただいたので掲載する。

日伊経済連合会 ディサント・ダニエレ会長 

 オリンピック開幕を間近に控える日本では、あまり大きく報道されていなかった印象をもつが、この夏、新型コロナウイルスの影響で昨年から延期されていたUEFA欧州選手権(EURO 2020)が6月11日から始まり、大いに盛り上がりを見せていた。

 試合はさまざまなコロナ対策が講じられたうえで、有観客によって行われた。決勝戦は7月11日(日本時間12日)、英国ウェンブリーのスタジアムで実施された。イタリア代表がイングランドに勝利し、ヨーロッパチャンピオンの座を獲得した。

 今回のUEFA欧州選手権は、新型コロナウイルスの影響下で開催する有観客による国際大会の先例をつくると同時に、人気スポーツであるサッカーの国際大会として各国のイメージ戦略や商業的な観点からも非常に重要であった。今回はとくにBrexit(英国のEU離脱)後のヨーロッパにおいて、政治的な側面からもとりわけ2つの点で大きな影響をもたらす結果となった。

 1つ目は、優勝したイタリアに対して非常にポジティブで強いイメージが広がったこと。新型コロナウイルスの流行初期から爆発的な感染拡大により広がった社会的・経済的なダメージは、輸出・観光大国であるイタリアにとっては致命的なものだった。EURO 2020でのイタリアの勝利は、イタリアのイメージ回復の起点として大きな意味をもつ。

 今大会では決勝戦に向けて、普段はライバル国であるヨーロッパの他国代表チームも公然とイタリアへの支持を表明。それに加え、イタリアのマリオ・ドラギ首相(イタリア中央銀行と欧州中央銀行の総裁などを歴任)の新型コロナワクチン政策の成功(イタリア国民の6割以上が摂取完了)や、金融市場の安定回復への期待、そして国際音楽祭Eurovision 2021(ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト)でのイタリアのロック・バンドManeskin(マネスキン)の優勝と各国音楽チャートでの快挙など、さまざまなイタリアに関連する明るい国際的な話題と重なったことで、イタリアのイメージ回復に大きく貢献した。

 2つ目は、Brexit後のヨーロッパ内における結束力の強化がもたらされた点。英国の欧州離脱は非常に困難なものであったが、今なお英国と欧州の間には、ほどけていない結びつきが解決しないまま数多く存在している。

 従って、今回のEURO 2020の決勝戦は、サッカーだけでなく政治的な意味で「欧州vs英国」という側面も持ち合わせていた。欧州各国の首相やマスコミをはじめ、欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長までもが、イタリア代表のTシャツを着てイタリアへの支持を表明した。

 しかし、同時にボリス・ジョンソン英国首相は“Football is coming home”をスローガンに政治的キャンペーンを繰り広げた。国内は大いに盛り上がり、イングランドが優勝した場合は決勝戦翌日の月曜日を祝日に、というオンライン署名活動が行われ、ジョンソン首相も応じる姿勢をマスコミにアピールしたが、皮肉にもそれが叶うことはなかった。

 イングランドにとってのホームグランドでの試合中は、イタリア代表へのブーイングが響き渡った。表彰式でのイングランド代表の「メダルはずし」、また、決勝戦後にホスト国を代表するはずのウィリアム王子とキャサリン妃が、イタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領を無視して挨拶もせずに会場を去る様子などが報道され、欧州サイドをはじめ、北アイルランドやスコットランドから見てもネガティブな印象が強く残る結果となった。

 つまり、英国にとっては、優勝を手にすれば欧州離脱後の政治的弱点をカムフラージュできるうえ、景気やイメージの向上につながるはずだったが、勝利を逃しただけでなく、不信感を増大させるという逆効果となってしまったわけだ。別の視点から見ると、欧州内でのイタリアへのシンパシーを強め、ヨーロッパ各国の結束力を強めるきっかけをつくった。今後イタリアが今回の成功を政治的にも利用していけるかどうかについては、よく観察していきたい。

 これは、オリンピックの開幕を間近に控える日本にとっても非常に重要な事例であると思う。オリンピックを通じて、日本のパワーを世界中の人に見せつけてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年07月23日 15:19

【菅独裁政権に学ぶ(3)】2021年8月、東京オリンピックによって「日本沈没」が明らかとなる

 スガ親分!昨日の夜は「日本一の政治権力を握っても虚しいもの。本当に身内も含めて誰もが敵になる」と地団駄を踏み、悔しい思いで眠れぬ一夜を過ごしたことでしょう。

2021年07月23日 06:00

矢西建設の「蹉跌」~絶好調企業に何が起きているのか(2)

 矢西建設の歴史は1952年までさかのぼる。47年に発足した(社)九州道路技術運営会を母体に、52年12月に九州ブルドーザー工事(株)を設立、73年8月に現商号に変更...

2021年07月23日 06:00

パチンコ「キコーナ」は九州に進出するのか

 DステーションによるP-ZONEの買収劇から間もなく4年。九州進出をはたしたDステーションは、旧P-ZONE運営のグループ企業(株)パラダイスだけで600億円超の売...

2021年07月23日 06:00

ドラッグイレブン5月期、売上高472億円 不採算店閉鎖で実質減収減益に

 ツルハHD傘下のドラッグイレブン(旧・JR九州ドラッグイレブン)の2021年5月期決算は売上高が472億1,400万円、経常利益8億4,100万円、当期純利益2億9...

2021年07月22日 19:54

【菅独裁政権に学ぶ(2)】東北人の「強さ・弱さ」

 昔々のことである。友人Aは運送拠点を拡大して秋田まで進出した。待遇にもかなり気をつけていた。

2021年07月22日 19:20

佐賀県武雄市ふるさと納税返礼品に発送遅れ、19年4月にも~アースグロー(株)(旧・(株)ジッパー)

 佐賀県武雄市のふるさと納税返礼品の発送が遅れ、寄付者からの苦情が市や委託事業者に多い日には1日100件ほど寄せられるという事態が発生している。 

首尾一貫した菅首相の行動原理

 市民を犠牲にする五輪に市民が反対している。

2021年07月22日 18:46

西日本シティ銀行広報文化部・中村氏に告ぐ(1)ふくおかFGと西日本FH、「福岡の両雄」に大きな差

  20日の(株)ふくおかフィナンシャルグループ(FG)の株価は、終値で1,831円、一方の(株)西日本フィナンシャルホールディングス(FH)の終値は、611円だった...

2021年07月22日 06:00

矢西建設の「蹉跌」~絶好調企業に何が起きているのか(1)

 特殊重機を数多く保有し、近年では大規模な太陽光発電事業の造成工事を多数受注して増収増益を続けてきた矢西建設。コロナ禍に沈む業界にあって数少ない絶好調企業の1つとして...

2021年07月22日 06:00

【コロナで明暗企業(9)】紳士服はるやまHDの“骨肉の争い”~創業者・父と長女が長男の社長に「レッドカード」(後)

 紳士服専門店で靴やレディースの商品が売られているのは今や当たり前の風景だが、他社に先駆けて販売し始めたのは「はるやま」だ。また、主流となっているタイトなスーツを普及...

pagetop