• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月29日 10:55

【福岡県】「コロナ警報」発動、8月1日から時短要請 要請に応じた飲食店に協力金の一部先渡し給付も

8月1日~29日まで時短要請

 福岡県は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「福岡コロナ警報」を発動、8月1日から29日まで県民に対して不要不急の外出自粛など、福岡市内の飲食店などに対して営業時間の短縮を要請すると発表した。

 飲食店に対しては営業時間を午前5時から午後9時までに短縮、酒類提供を午前11時から午後8時半までとするよう要請する。12日のまん延防止等重点措置の終了にともない時短要請は解除されていたが、約3週間で再度の要請となった。

福岡県からの要請

福岡県感染拡大防止協力金、全期間の時短営業が必要

 福岡県は8月1日~29日の全期間、営業時間短縮に協力した飲食店などに対し協力金を給付する。従来との大きな変更点が2点あり、第1に、今回は猶予期間を設けず、初日の1日から全期間、要請に応じることが給付の条件となる。第2に、協力金の一部を先渡しで給付する方式を導入する。

 なお、先渡し給付の申請は8月1日~20日で、それを過ぎた場合は8月30日~9月29日に従来どおりの申請を行うことになるため、注意が必要だ。

 申請方法の詳細については、決定後、福岡県HP(【第10期】福岡県感染拡大防止協力金(先渡給付のご案内)について)にて告知する予定。

<申請>
先渡し給付の申請、給付額については下図を参照。

先渡給付金申請について/給付金(本申請)

<問い合わせ先>
福岡県感染拡大防止協力金コールセンター
TEL:0120-567-918 (午前9時~午後5時)

【茅野 雅弘】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop