2024年04月16日( 火 )

福岡空港新庁舎および管制塔新築設計、大成建設に委託

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 大阪航空局は、このほど「福岡空港事務所新庁舎・管制塔新築設計技術協力業務」を大成建設(株)九州支店に委託することを発表した。契約金額は2,005万3,000円(税込)で、履行期間は2022年3月29日までとなっている。

 なお、同技術協力業務契約締結後、施工にともなう価格交渉が両者間で実施され、交渉が成立すればそのまま随意契約で、大成建設に工事を発注する。工事費は110億円規模が想定されている。

【建築物概要】
庁舎(新築)※連絡通路、外構含む:S造、延床面積約1,700m2
管制塔(新築):S造、延床面積約1,500m2

【代 源太朗】

関連記事