• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月01日 15:07

アビスパ福岡出身・日本代表DF冨安健洋がプレミアリーグ・アーセナルに移籍

 サッカー日本代表DF冨安健洋が、イングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに移籍した。現地時間の8月31日、アーセナルが公式ウェブサイトで発表した。
 冨安はすでにアーセナルでメディカルチェックを済ませている。背番号は18に決定している。

 主要な欧州リーグの移籍期間は8月31日まで。イタリアセリエA・ボローニャで活躍していた冨安には、アーセナルと同じプレミアリーグのトッテナム・ホットスパー、スペインのバルセロナなどが移籍オファーを出していたとされるが、冨安の保有権をもつボローニャは最も高い移籍金(約30億円と報道されている)を提示したアーセナルへの売却を決定。移籍期間最終日での移籍となった。

アーセナルに移籍した冨安健洋
アーセナルに移籍した冨安健洋

 冨安は福岡市出身の22歳。バルサアカデミー福岡、アビスパ福岡U-15を経て、2015年にアビスパ福岡に加入。17歳、高校2年生でのプロデビューとなった。17年にはプロ初ゴールをレベルファイブスタジアム(現・ベスト電器スタジアム)で決め、J1昇格プレーオフでは名古屋グランパスのFWシモビッチを完璧に抑え込んで注目を集めた。同年、U-20W杯メンバーに選出されている。

 18年にベルギーのシント=トロイデンVVに移籍してヨーロッパデビュー。翌19年にはボローニャに移籍し、順調にステップアップを遂げてきた。ポジションも右サイドバック、センターバックを高いレベルでこなす実力を身につけている。

 日本代表としては18年に初招集。19年のAFCアジア杯でセンターバックのレギュラーをつかむと、以来W杯予選、東京五輪と日本代表には欠かせない守備の主軸として活躍している。

 移籍先のアーセナルは、かつて名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いたアーセン・ベンゲル監督のもとで一時代を築いた強豪。03-04シーズンはリーグ戦無敗で優勝という偉業を成し遂げている。近年は成績が振るわず、とくに8月に開幕した今シーズンはここまでリーグ戦3戦3敗。8月25日に行われたカップ戦(対ウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン)では6失点と守備が崩壊。セリエAでクリスティアーノ・ロナウド、ロメル・ルカクら強力なFWと渡り合ってきた冨安は、喉から手が出るほど欲しい即戦力だ。

 世界最高峰のプレミアリーグに挑戦する冨安の活躍を、故郷・福岡から応援しよう!

【深水 央】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop