2024年06月23日( 日 )

市営住宅約3,500戸分を建替え、資産価値の維持・向上へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

建替え工事が進む4つの住宅

 市が建替えを計画して工事を進めているのは、「城浜」「弥永」「下山門」「壱岐」の4団地。各団地の概要は次の通り。

城浜団地

所在地 :福岡市東区城浜団地および香椎浜2丁目の一部
敷地面積:約14万3,000m2
学校区 :城浜小学校、城香中学校

 城浜団地は、1969~72年度にかけて、福岡市東区の博多湾の埋め立て地に建設された。建築物の概要はRC造5階建ての62棟(2,128戸)で、第1期事業として3棟(No.17、26、27棟、130戸)の解体、RC造9階建て144戸の新築工事を16年までに完了させた。今後建替え事業の対象となっているのは6棟(No.48、49、50、57、61、62棟)。詳細については、22年12月~23年2月の間で決定される予定となっている。

弥永団地

所在地 :福岡市南区弥永団地および弥永4丁目の一部
敷地面積:約10万1,000m2
学校区 :弥永小学校、日佐中学校

 弥永団地は、66~70年度にかけて建設された。建築物の概要は中層耐火構造5階建ての47棟(1,500戸)で、第1期事業では15年にNo.61棟跡地にRC造14階建て124戸の住宅を竣工。最終的には、47棟1,500戸を22棟1,500戸に建て替える。今後のスケジュールとして、3棟(No.13、14、18棟)が23年4月ごろをメドに、2棟(No.17、20棟)が23年7月ごろをメドに、それぞれ事業の詳細が決定される予定となっている。

弥永団地第1期事業における建替え住宅
弥永団地第1期事業における建替え住宅

下山門団地

所在地 :福岡市西区下山門団地753-1外
敷地面積:約14万8,000m2
学校区 :【東側】下山門小学校、下山門中学校
     【西側】西陵小学校、西陵中学校

 下山門団地は、他の団地と比べ、JR筑肥線・下山門駅至近という交通アクセスの良さが際立つ。建築物の概要は、72~73年度に建設されたRC造5階建ての49棟(1,640戸)と、95~03年度に建設されたRC造6~9階建ての6棟(256戸)で、第1期事業としてNo.7棟の解体・新築工事、No.44棟の解体・新築工事を17年までに行った。今後は、2棟(No.3、4棟)が21年9月ごろ、1棟(No.42棟)が21年10月ごろ、2棟(No.43、47棟)が24年3月ごろに、それぞれ建替え事業の詳細が決定となる予定だ。

左:大規模改修工事が実施された住宅/右:新築工事が進む住宅
左:大規模改修工事が実施された住宅/右:新築工事が進む住宅

壱岐団地

所在地 :福岡市西区壱岐団地
敷地面積:約8万6,000m2
学校区 :壱岐東小学校、壱岐中学校

 壱岐団地は、74~75年度、90年度にかけて建設された。建築物の概要は、RC造5階建ての29棟(950戸)。JR博多駅までの延伸で注目されている、福岡市地下鉄七隈線の橋本駅から、北西約1kmに位置している。第1期事業は17年度からスタートし、No.43棟の解体・新築工事が19年までに行われた。今後の建替事業は、2棟(No.52、57棟)が22年8~10月ごろ、別の2棟(No.39、44棟)が23年6~8月ごろに、それぞれ事業の詳細が決定する予定となっている。

■ ■ ■ ■

 4団地の建替え事業は、最大15年の期間で考えられている。この期間、同事業に関連する市発注の工事は、相当数に上ることが予想される。この1年ほどの間に発注されたものだけでも、「令和2年度市営壱岐住宅新築工事(落札者:西中洲樋口・旭建設JV/落札額:6億8,211万円(税別))」「令和2年度市営下山門住宅(その1地区)新築工事(法城・オークスJV/6億893万1,000円(税別)」「同(その2地区)新築工事(旭・岩堀JV/7億5,707万1,000円(税別)」「令和3年度市営壱岐住宅新築工事(柿原・岩崎・黒木JV/8億9,163万9,000円(税別)」などがある。

 市は16~21年度における市営住宅建替事業の事業予算として、357億3,000万円を想定しており、地元経済の活性化への寄与も期待される。

【代 源太朗】

関連記事