• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月08日 16:45

【10/16、17】「国産フラワーソープコンテスト作品展示会」開催

60歳でフラワーソープを始め講師になった人の作品
60歳でフラワーソープを始め講師になった人の作品

 (株)デキャンタージュ(本社:福岡市中央区、小林由紀社長)が2018年8月に設立した日本フラワーソープ協会は、10月16日、17日の2日間、日本初となる国産フラワーソープコンテストを開催。全国の会員から集まった作品の展示と一般投票を行う。

看護士さんが作った自身のウェディングブーケ作品
看護士さんが作った
自身のウェディングブーケ作品

 フラワーソープは石鹸粘土を用いて花びら一枚からつくり上げるアート作品で、近年はインテリア、供花としての人気が高まっており、コロナ禍で自宅でできる趣味としてフラワーソープに取り組む人も急増しているという。

 日本フラワーソープ協会には介護施設の職員や医療従事者も多数在籍、自身の結婚式のブーケを花びら1枚からつくり上げた埼玉で看護士に従事する会員もいたそうだ。

 コンテスト当日はフラワーソープの体験会も実施(参加費2,000円)。作品鑑賞後および体験会後には「博多割烹かじ本店」のランチを楽しむこともできる。

 詳細は下記の通り。

■国産フラワーソープコンテスト作品展示会

<開催日時>
10月16日(土)、17日(日) 午前11時~午後4時

<入場料>
無料

<当日体験会>
2,000円

<会場>
博多割烹かじ本店 福岡県福岡市博多区中洲2-3-11

<問い合わせ>
日本フラワーソープ協会
(福岡市中央区今泉1-2-30天神プレイスイースト1202)
TEL:092-791-2577
FAX:092-791-2578
Mail:info@flowersoap.org

▼関連リンク
日本フラワーソープ協会公式サイト
Facebook

【新貝 竜也】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop