2021年12月03日( 金 )
by データ・マックス

カットパンで10カ月の男児が窒息死、国民生活センターが注意喚起

 一口サイズにカットされたパン(カットパン)を食べた男児が窒息死した事故を受けて、(独)国民生活センターは19日、カットパンを1歳前後の乳幼児に与える場合、小さくちぎって食べさせるなどの注意が必要と呼びかけた。

 同センターに昨年10月、「10カ月頃から」と表示されたカットパン(商品名:「かぼちゃとにんじんのやさいパン」)を食べた10カ月の男児が窒息死したという事故情報が寄せられた。今年6月にも、同じ銘柄のカットパンを食べた11カ月の男児が喉を詰まらせたという情報が確認されている。

 取材に対し、同センターは「(事故発生には)さまざまな要因があり、著しく安全性を欠いていたとも言い切れない面もあるが、同一銘柄の商品で2件の事故が起こったことから公表に踏み切った」(商品テスト部)と話している。

 同センターは消費者に向けて、1歳前後の乳幼児の窒息事故を防ぐため、小さく切って与えることや、お茶や水を飲ませて喉を湿らせることが必要とアドバイスしている。

 事業者に対しては、サイズ・形状・物性を改善し、販売中の商品には注意喚起表示を行うように要望した。

事故情報が寄せられた商品((独)国民生活センターの発表資料より)
事故情報が寄せられた商品
((独)国民生活センターの発表資料より)

【木村 祐作】

関連記事