2021年12月08日( 水 )
by データ・マックス

「GMS改革を加速」 イオン九州・柴田社長語る

 イオン九州の柴田祐司社長は6日、8月中間決算発表のオンライン会見で「就任以来、GMS改革に取り組んできた成果が出てきた」とし、下期は売り場の品ぞろえ改善を加速していく方針を表明した。2月期通期については「年末にかけコロナ感染の行方は不透明」として当初予想を据え置いた。

 8月中間期の売上高は旧3社合計の前年同期比で1.8%の増収となった。GMS(総合スーパー)は1.6%減だったが、既存店は2.2%伸びた。SM・DS(食品スーパー・ディスカウントストア)は7.1%増、既存店は0.9%減だった。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事