• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月22日 14:17

米国債を売却して損失を取り戻せ 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 政治経済学者の植草一秀氏が4月21日、自身のブログとメールマガジンの記事で、日本政府が53兆円の巨大損失を出した米国債購入について、円安・ドル高の今こそ米国債を売却して損失を取り戻せと主張した。NETIBでは、同記事の一部を抜粋して紹介する。


 4月15日、米国財務省が発表した国際資本収支統計で、2月末の米国債保有高は、日本が1兆2,244億ドル(約145兆7,000億円)となり、リーマン・ショック直前の2008年8月以来、6年半ぶりにトップになったことが明らかになった。
 メディアは、日本の米国債保有が世界一位に「返り咲いた」などと表現して、日本にとっての「吉報」であるかのように伝えているが、論評にも堪えない低質な情報である。

 報道は、「成長鈍化で国内への外貨流入が細り、人民元安の傾向が進む中、以前のような元売り・ドル買いの為替介入がなくなってきていることが要因」などとするが、これも完全な事実誤認である。
 たとえば、人民元円レートを見ると、2011年3月に1人民元=11.7円だったのが、2014年12月には1人民元=19.8円に、人民元が大幅上昇している。中国人にとってみれば、訪日して消費を行う際の購買力が、わずか4年足らずの間に2倍近くに跳ね上がっている。この中国人観光客が「爆買い」と呼ばれる消費激増を実行して、消費税増税不況に苦しむ日本の消費業界を救済していることがよく知られている。
 政府の外貨準備高で言えば、中国がダントツ一位の約4兆ドル。日本は3分の1の1.3兆ドルである。日本は外貨準備の大半を米国国債で保有している。
 中国の外貨準備が約4兆ドルも存在するなかで、米国国債の保有は中国全体で1.2兆ドルにとどまっている。中国は外貨準備の保有構成(ポートフォリオ)を多様化しているのである。

 日本政府が外貨準備で米国国債を保有している経緯は次の通りである。
 2012年まで、円ドルレートは、円高・ドル安傾向で推移した。この過程で、日本政府は円高の進行を食い止めるという名目の下で、ドル買い・円売りの為替介入を続けてきた。日本政府が日銀からお金を借りて、米ドルを買うのである。
 具体的な保有は米国国債である。政府が日銀からお金を借りて米国国債を購入する。
 これが、政府による外為市場でのドル買い=円売り介入である。2007年6月の時点で日本政府は外貨準備を9,136億ドル保有していた。当時の為替レート1ドル=124円で換算して、113兆円のドル資産を保有していた。
 この2007年6月から2012年1月までの4年半の間に、日本政府はさらに米ドル資産を3,931億ドル買い増しした。政府が米ドル資産を追加購入した際の為替レートは、平均すると1ドル=100円程度だった。つまり、日本政府は約39兆円のお金を注ぎ込んで、3,931億ドルの米ドル資産=米国国債を追加購入したのである。

 2007年6月時点で日本政府が保有していた米ドル資産=外貨準備高が9,136億ドル=113兆円で、ここに39兆円の資金を注ぎ込んで、日本政府の外貨準備高は1兆3,067億ドルに膨らんだ。円資金では113兆円に39兆円を追加投入したから、152兆円の元手がかかっている。
 ところが、2012年1月には、大幅に円高・ドル安が進行していた。1ドル=75円にまで円高・ドル安が進行したのである。その結果、1兆3067億ドルに達した、日本政府が保有する米ドル資産の円換算金額が、なんと98兆円に目減りしたのである。152兆円の元手で購入した米ドル資産の時価評価額が、なんと、たったの98兆円に減少してしまったのだ。日本政府の米国国債投機で、4年半で53兆円の巨大損失を計上したのである。
 このような投機損失など前代未聞である。民間の投資顧問会社であれば、1,000億円の損失を出しただけで大騒ぎである。それに対して、日本政府の投資損失は、わずか4年半で53兆円。1,000億円の投資損失の、なんと530倍の超巨大損失が生まれたのである。

 米国では政府による外国為替介入に対して、厳しい制約と監視がある。「儲かる介入は良い介入、損する介入は悪い介入」として、政府の外為介入での損失を議会が許さない。為替レートが行き過ぎた上昇、下落を示したときに外為介入は行われる。ドル高が行き過ぎたときにドルを売って日本円を買う。ドル高の行き過ぎが是正されればドルは下がり、円は上昇する。この局面で、介入して購入した円を売れば、為替利益を獲得できる。これが「良い為替介入」である。
 日本政府が、値下がりするドルを買い続けて、巨大な為替損失を生み出すことなど、まさに言語道断。厳罰に処されなければならない、国民に対する背任行為なのだ。
 しかし、日本では、53兆円もの外為損失を計上したにもかかわらず、ただの一人も責任を問われていない。その一方で、米国国債保有が世界一などと持ち上げる、馬鹿馬鹿しい報道が展開されているのである。

※続きは、メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1129号「総督でなく首相なら米国債売却を決断できる」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月26日 17:55
NEW!

マリノアに国内最大級のアスレチック施設「ノボルト」誕生!

 九州最大級のアウトレットモール「マリノアシティ福岡(以下、マリノア)」で、今秋オープン予定の国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設の名称が「ノボルト(NOBO...

2019年06月26日 17:11
NEW!

消費者庁、景表法違反のはぴねすくらぶに課徴金1,581万円

   消費者庁は26日、1月に景品表示法違反で措置命令を受けた(株)はぴねすくらぶ(福岡市中央区、木下弘嗣社長)に対し、同法に基づく課徴金納付命令を出した。 ...

2019年06月26日 17:06
NEW!

TKP 日本リージャス子会社化で中計を上方修正

 5月末、レンタルオフィス「リージャス」の運営を手がける日本リージャスホールディングス(株)(以下、日本リージャス)の発行済株式のすべてを取得し、子会社化していた(株...

2019年06月26日 16:39
NEW!

デジタルサイネージで「ゼロ円家具をつくりたい」

 (株)ドトキューブ(佐々木陽助・代表取締役)は、デジタルサイネージや磁性体シート、家具などを提供する空間プロデュース会社だ。「お客さまの悩みに応じた適切なプランニン...

2019年06月26日 15:50
NEW!

LIMEXで「素材革命」を起こせるか?(前)

 「時代の架け橋になりたい(Times Bridge Management)」。(株)TBM(東京都中央区、山崎敦義代表取締役CEO)の社名にはそんな思いが込められて...

2019年06月26日 14:42
NEW!

万惣、「フォレオひびきの」に九州4号店~空家施設、ようやく決まる

 万惣が北九州市若松区小藪の近隣型商業施設「フォレオひびきの」に近く出店することが判明した。すでにパート・アルバイトの募集を始めている。

2019年06月26日 13:41
NEW!

西鉄天神大牟田線、7月1日に全線開通から80周年

 西日本鉄道(株)(以下、西鉄)が運行する鉄道路線「西鉄天神大牟田線」は7月1日、福岡―大牟田間の全線開通から80周年を迎える。西鉄ではこれを記念して、記念ヘッドマー...

2019年06月26日 12:09
NEW!

行橋市の社会福祉法人「友愛会」が破産

 福岡県行橋市にある特別養護老人ホーム「今川河童苑(かっぱえん)」と特定施設「いまがわ秋桜(こすもす)ガーデン」を運営する社会福祉法人「友愛会」(福岡県行橋市)が、6...

2019年06月26日 11:51

ニシムタ、スマホレジShop&Go導入

 (株)ニシムタ(本社:鹿児島市与次郎、西牟田敏明社長)は、同社が運営する「ニシムタ姶良店」で、スマホを利用した決済サービス「Shop&Go」を導入した。

2019年06月26日 11:41

九州北部地方が梅雨入り

   福岡管区気象台は26日、九州北部地方(山口県を含む)が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より21日遅く、統計開始以降で最も遅い梅雨入りとなった。

pagetop