2022年01月20日( 木 )
by データ・マックス

税理士事務所の新しいカタチ 「日本のミライを創る」ための挑戦

アイユーコンサルティンググループ
代表取締役社長 岩永 悠 氏

社内から「働きがい」を創出

アイユーコンサルティンググループ 代表取締役社長 岩永 悠 氏
アイユーコンサルティンググループ
代表取締役社長 岩永 悠 氏

 「日本一税理士に頼られる資産税総合ファーム」のスローガンにたがわず、相続税、贈与税、事業承継、組織再編といった資産税案件において、たしかな実績と厚い信頼を積み上げている税理士法人アイユーコンサルティング。手がけた案件は2020年だけで515件、13年4月の創業からの累計では2,000件以上に上る。

 2019年からはグループ化に本格着手し、M&AやIPO支援を手がける(株)アイユーミライデザイン、MAS監査サービス「ミライサイクル事業」や財務支援業の(株)IUCGなど3法人2事務所を運営。総勢約100名体制で多角的な中小企業支援を展開している。

 急成長中のコンサルティングファームとして注目を集める一方で、ユニークな福利厚生制度があることでも知られる同社。たとえばスタッフのジムやヨガなどの会費を同社が半額負担する制度「IU work Life fitness」は、とある就活サイトで名だたる大企業と肩を並べるかたちで紹介された。

 そのほかに、スキルアップに必要な書籍の購入を経費として計上し、その書籍を社内で共有する「アイユーライブラリー」、資格取得費用を年間20万円まで無金利で融資する「アイユー銀行」など、スタッフの人生とキャリアを豊かにするための制度を多数設けている。現在考案中の「大学院進学応援プラン」は、学費の高額化が問題視される昨今において、大義ある制度だ。大学院修了者は税理士試験が2科目免除される制度があるが、なんと同社がスタッフの大学院への入学金と学費を立て替えてくれるというのだ。しかも、修了後10年連続で勤務すれば、これらの費用返済は免除されるというから驚きである。

 職場がスタッフにとって「仕事をする場所であり、自分の幸せを実現する場所」であるようにとの、同社の真摯な想いがよく伝わってくる。

エリア拡大や顧問業務の取り込みなどさらなる展開も

 創業9年目を迎え、現在福岡・北九州・佐賀・広島・東京・埼玉・宮城の7拠点体制で業務にあたる同グループ。代表取締役社長の岩永悠氏は、「福岡国税局管内での相続税の申告数は全体で4,000件程度。我々はすでにその約10%のシェアを獲得しており、同じ領域でこれ以上深堀するのは難しい」とし、「将来的には山口、鹿児島、沖縄などでの横展開を考えている」と、さらなるエリア展開への意欲を示す。

 事業面では、主力の相続・事業承継案件と並行し、広島以西での税務顧問業務の取り込みにも本格着手。手始めに21年7月、博多に拠点を置くKOMODA LAW OFFICEと共同で税務顧問業務に特化した「KOMODA・IU税理士法人」を設立し、双方の連携による法務・労務・税務のワンストップ体制を確立した。

 「グループビジョンとして掲げる“中堅・中小・ベンチャー企業の成長支援を通して日本のミライを創る”の実現に向け、今後も士業の枠にとらわれることなく事業の裾野を広げていきたい」。そう意気込む岩永氏の活躍に、今後もますます目が離せない。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:岩永 悠
所在地:福岡市博多区博多駅東2-10-16
創 業:2013年4月
設 立:2015年4月
TEL:0800-111-7520
URL:https://bs.taxlawyer328.jp


<プロフィール>
岩永 悠
(いわなが ゆう)
1983年生まれ、長崎県出身。西南学院大学経済学部卒業。京都大学経営管理大学院 上級経営会計専門家(EMBA)プログラム修了。26歳で税理士資格を取得。九州の中堅税理士法人に勤務後、国内大手税理士法人の福岡事務所設立に参画。2013年に独立し、15年に税理士法人に改組し法人化、19年よりグループ化を進めている。

関連記事