• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月26日 06:00

10月売上高 岩田屋三越4.6%増、博多大丸6.0%減 緊急事態宣言解除で客数回復

 百貨店2社の10月売上高は前年同月比で岩田屋三越が4.6%増(9月は1.4%増)と2カ月連続の増収、博多大丸が6.0%増(同8.2%減)と3カ月ぶりのプラスになった。

 9月下旬から福岡県で緊急事態宣言が解除され、客足が回復した。富裕層向けの宝飾品や高級ブランドが好調だったことも売上を押し上げた。三越伊勢丹HDによると、傘下百貨店の売上合計はコロナ前の19年10月を1割上回ったという。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop