2022年01月20日( 木 )
by データ・マックス

高い志をもった新会社設立へ 企業価値向上で持続可能な事業を導く

(株)コンシャスマネジメント 代表取締役
西岡 隆 氏

事業承継を支援するための新たな門出

(株)コンシャスマネジメント 代表取締役 西岡 隆 氏
(株)コンシャスマネジメント
代表取締役 西岡 隆 氏

 2001年に「西岡経営管理事務所」を開設して以来、20年にわたり、中小企業のマネジメント強化を支援してきた西岡隆氏。社員の行動目標の明確化と達成度のモニタリングを通じて「組織全体の生産性の向上」を図る「行動評価マネジメントプログラム」の提供をはじめ、事業承継の一形態としてのM&A支援、起業・創業支援、補助金申請支援などを行い、これまで5,000社を超える中小企業を力強くサポートしてきた。そんな西岡氏が、今年11月1日、これまでの歩みの集大成ともいえるひとつの企業を立ち上げた。(株)コンシャスマネジメントである。

 主軸となるのは「企業価値向上支援」。事業を継続するためはもちろん、これを後継者や他企業に託すという場合にも備えて客観的価値を高めておくこと、すなわち、「将来に備えた会社のブラッシュアップ」を支援するというものだ。具体的には図のようなプロセスで進められることになる。

企業価値向上プロセス

1.経営の見える化
(1)企業価値の算定(現在の自社の価値を知る)
 企業が、今いくらくらいの価値があるのかを、いくつかの評価方法から算出する。
(2)利益感度分析(価値を上げる要素を見つけ出す)
 どの要素を改善すれば企業の価値が上がるかを明確化し、取り組むべき優先順位を確定する。

2.会社の磨き上げ
(1)目標時期と目標数値の設定
 現場の意見を参考に、企業価値のゴール目標を設定し、実施スケジュールを作成する。
(2)目標達成に向けた管理の実施
 KPI(評価指標)を用いて目標達成プロセスを管理し、定期的にモニタリングを実施して達成度を測定・評価する。

中小企業に強靭さをもたらすために

 社名の由来は、米国のホールフーズ・マーケットの創業者ジョン・マッキー氏が提唱した「コンシャス・カンパニー」(「意識の高い企業」の意)という概念にあるという。「とくにそのエッセンスである『高い志や思いやりにより人々を幸せにする経営』という考え方に共感し、命名しました」(西岡氏)。経営理念は「すべての皆さまに当社と関わって良かったと思っていただける会社を目指す」こと。つまり、クライアントや従業員をはじめ、関係者1人ひとりを益するためにベストを尽くすというのだが、それは西岡氏の次の言葉からもよく伝わってくる。

 「それぞれの立場の皆さまと同じ目線に立って物事を考える努力を惜しまない姿勢が大切だと思っています。小さな会社ですので大きな事業はできませんが、人を大切にすることを第一に考え、いま当社ができることに全力を注ぎ、その積み重ねによってお客さまや従業員の期待に応えられる成果を導き出せたら、それが当社にとって最も貴重な財産になると確信しています」。

 企業価値向上を目指す上で重要なのは、「経営トップのコミットメントと現場の参画意識」。「事業に関わるすべての人が継続的に働きがいのある仕事の機会を得られる会社を目指すことが、アフターコロナの社会で生き残っていくカギになる」と、西岡氏は力強く語る。日本経済を支える中小企業に強靭な経営体質と継続性を付与し、SDGs目標8「働きがいも 経済成長も」にも貢献する同社の今後の発展に期待しないわけにはいくまい。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:西岡 隆
所在地:福岡市中央区天神1-15-5天神明治通りビル711
設 立:2021年11月
資本金:300万円
TEL:092-761-8808 
URL:http://nishioka-keiei.com(西岡経営管理事務所)


<プロフィール>
西岡 隆
(にしおか たかし)
福岡県生まれ。明治大学卒業後、会計事務所、監査法人を経て地場大手小売業で経理・財務を経験。2001年、中小企業診断士登録と同時に西岡経営管理事務所を開設。21年11月1日、事業拡大にともない(株)コンシャスマネジメントを設立した。

関連記事