2022年01月20日( 木 )
by データ・マックス

オミクロン株、国内で初確認~ナミビアから成田空港に到着の男性

 政府は30日午後、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が国内で初めて確認されたと発表した。

 感染したのは、アフリカのナミビアから28日に成田空港に到着した30代の男性。空港検疫で新型コロナ感染が確認されたため、国立感染症研究所がゲノム解析を行った結果、オミクロン株への感染が判明した。

 オミクロン株は南アフリカなど世界各国で感染者が急増しており、デルタ株のように新たな脅威となる可能性が懸念されている。現在のところ、重症化リスクなどの詳細は不明だ。

 世界保健機関(WHO)はオミクロン株を警戒レベルが最も高い「懸念される変異株」に位置づけた。政府は30日午前0時以降、外国人の新規入国を停止するなど、オミクロン株に対する水際対策の強化に乗り出している。

【新貝 竜也】

関連記事