2022年01月20日( 木 )
by データ・マックス

コスモス薬品とMrMax、9カ月ぶりプラス 10月既存店売上、リテールパートナーズ3社は減収

 これまでに判明した4社の10月既存店売上高は、コスモス薬品とミスターマックスHDが1月以来、9カ月ぶりに前年同月比プラスに転じたが、リテールパートナーズとナフコは減収だった。低価格業態が先行して巣ごもり消費の反動から抜け出た可能性があるが、速断はできない。

 コスモス薬品は3.6%増(9月は1.8%減)、ミスターマックスHDは4.1%増(同9.5%減)だった。ミスターマックスは客数も1.5%増で「外出自粛の傾向は少しづつ収まっている」としている。ペット関連用品と食品が好調だった。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事