2022年01月20日( 木 )
by データ・マックス

若者発案で実現した「カレーマーケット」、商店街の活気再び

イベント開始直後の様子。正午を過ぎても盛況は続いた。
イベント開始直後の様子。
正午を過ぎても盛況は続いた。

    吉塚市場リトルアジアマーケット(福岡市博多区吉塚)は4日、1周年記念イベントとして「カレーマーケット」を開催した。同マーケットはイベントを不定期に開催しているが、今回のイベントは若者が中心となって企画・運営された。出店者、近隣住民のほか、他のエリアからも、「吉塚のマーケットを盛り上げたい」という想いから参加した人もいた。

ベトナム料理店「ミスサイゴン」の穏やかな辛さのベトナムカレー
ベトナム料理店「ミスサイゴン」の
スパイス感じるベトナムカレー

    カレー激戦区・福岡の名店が一堂に会したこともあり、イベント開始直後から賑わいを見せた。チラシを片手に商店街をめぐる人は後を絶たず、盛況ぶりにイベント開始から1時間後には売り切れの店も出始めた。

 吉塚市場リトルアジアマーケット組合長・河津善博氏は「今回の企画は若い方々にほとんどお任せしましたが、『カレー』という目の付け所やSNSの運用など、驚かされるところが多くありました。結果として、想像よりも多くの方が来てくださり、非常に嬉しく思います。今後も定期的にさまざまなイベントを開催していく予定ですので、ぜひ一度、リトルアジアに足を運んでいただきたいです」と話す。

 同マーケットの関係者によると、4時間で1500食が販売、ほぼ全店が完売したという。若者のアイデアを取り込んで商店街に活気を取り戻す。吉塚はかつての賑わいの復活に向けて着実に歩みを進めている。

不定期に出店しているパキスタンカレー
不定期に出店しているパキスタンカレー

<AREA INFORMATION>
吉塚市場リトルアジアマーケット

公式サイト:https://yoshiduka-yla.com/
公式Instagram :marche_yoshiduka

【杉町 彩紗】

関連キーワード

関連記事