2024年05月28日( 火 )

こうすれば成功する!デジタルマーケティング(3)マーケティングオートメーションって何?

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 デジタルマーケティングの概念を理解し、扱いに慣れてきたら、次に取り組んでいただきたいのが「マーケティングオートメーション」(以下、MA)です。簡単にいえば、顧客との接点づくりから販売促進までを自動化するツールです。MAを導入することで、顧客の購入率を高め、リピーターを増やすことが期待できます。顧客体験を提供するシナリオ設定などが必要なため、構築するまでは多少時間がかかりますが、できてしまえば、後は自動的に成果を出す強力なツールとなります。最近では安価なサービスも増えてきており、中小企業でも随分と導入しやすくなりました。

 MA導入にあたって、まずは前回(vol.42/2021年11月末発刊号掲載)お話ししましたカスタマージャーニーを想定するところから始まります。顧客が商品に出会い、購入を検討している段階で、顧客が購入するか迷いが生じることを想定し、事前に割引クーポンなどのキャンペーンを用意します。顧客がこのクーポンを取得するためにメールアドレスなどの情報を登録したら、MAはこの登録された情報やIPアドレス情報などを基に顧客を分類し、事前につくったシナリオで販売促進を行います。たとえ購入に至らなかった場合でも、後ほどフォローアップするサービスをメールで提案することもできます。

 MAは、細かい設定ができるものも多く、優良顧客だけに特別待遇のメールを送ったり、購入に至らなかった顧客には、定期的にキャンペーンを告知するなど、シナリオ次第で自動的に対応できます。つまり、MAは個々に合ったアプローチをすることが可能だということです。これは、顧客全体に対して同じ情報で宣伝するマス的なアプローチより、優れた「現代的アプローチ」と言えるでしょう。顧客との関係性を睨んだ情報提供を行い、行動を促す状況を提案することが可能となるのです。

MA活用で知っておくべき3つの概念

リードジェネレーション
 「集客」のことで、有望な見込み客を集めるための活動です。

リードナーチャリング
 「顧客育成」のことで、顧客の関心や購買意欲を高めていく活動を意味します。

リードクオリフィケーション
 「選別」のことで、購入意識や検討度合などの基準で顧客の選分けを行っていきます。すでにリストがある企業などに有効です。

 この3つをそれぞれ強化し、組み合わせることで、継続的および効率的にリード(見込み顧客)の育成を行い、売上拡大へとつなげることができます。

 次回(vol.46/3月末発刊)は、「検索上位表示の方法SEO」についてお伝えします。


<プロフィール>
岡 秀樹
(おか・ひでき)
(株)HOA 代表取締役/(株)BIRDS 代表取締役/(一社)まちはチームだ 代表理事
学生時代ロンドンにおいてシェアリングビジネスで起業する。2014年コワーキングスペース秘密基地を設立。55社を創業させ、新規事業開発をサポート。北九州市公式SNSのコンサルティング、小倉城のマーケティング戦略を担当。北九州地域DMO候補法人(Destination Marketing Organization)となる。企業の規模にかかわらず、デジタルマーケティング活用方法を指南。講演・コンサルティングを行っている。

(7)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事