2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

上場5社の粗利益率、すべて悪化

 イズミ、イオン九州、リテールパートナーズ、ミスターマックスHD(2月期)とコスモス薬品(第3四半期)の粗利益率は前年度からそろって悪化した。巣ごもり需要の反動で売上が苦戦、チラシの再開で特売やマークダウンが増えたことによる。ただ、4社ともコロナ前の20年2月期を上回った。

 イズミは22.69%と0.15ポイント悪化した。「ゆめタウン」のテナントが営業再開したことで利益率の低いテナントの売上構成比が高まったのが主な理由で、直営売上の粗利益は30.3%と0.4ポイント改善されたとしている。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事