2022年06月30日( 木 )
by データ・マックス

上場6社 2月期の計画達成率 最高は井筒屋

 上場企業6社(子会社を含む)が2022年2月期決算で期初予想に対しどれだけ達成したかを調べた。営業収益(売上高)、経常利益とも達成率の最高は井筒屋で、売上高は102.2%、経常は期初予想の3億円に対し3.49倍の11億7,100万円を上げた。小倉本店に経営資源を集中し富裕層向けの品ぞろえを増強する戦略が奏功した。 

 リテールパートナーズとミスターマックスHD、イオン九州は営業収益の達成率が100%を超えた。ミスターマックスHDとイオン九州は経常利益でも当初予想を達成した。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事