2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

新会計基準で見かけ上の売上激減 イズミ、井筒屋

 「収益認識に関する会計基準」の適用でイズミと井筒屋の2023年2月期の見かけ上の売上高は大幅に目減りする。日本企業はこれまで売上計上方法がまちまちで統一したルールがなかったが、新基準で企業の実力がはっきりする。

 イズミの連結営業収益予想は新基準で4,543億円となる。従来基準の営業収益予想6,971億円(前期比3.0%増)より2,428億円少ない。「ゆめタウン」のテナント売上や在庫責任のない消化仕入が売上高から除外され、粗利益を営業収入に計上するように変わる。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事