2022年06月28日( 火 )
by データ・マックス

上場4社2月期 新会計基準適用で3社が減収

 上場4社の2023年2月期は、新会計基準の適用で表面上、イズミが減収・経常減益、イオン九州が微減収・微増益、リテールパートナーズが減収・小幅増益、ミスターマックスHDが増収増益となる。旧基準だと、イズミとイオン九州は小幅増収になる見通し。旧基準の予想を公表していないリテールパートナーズは前期からスタートさせた中期計画では増収を見込む。

 イズミは「収益認識に関する会計基準」の適用で営業収益は旧基準予想から2,428億円激減する。テナント売上などが除外される。旧基準では既存店の回復で3.0%の増収を確保する。経常利益は電気代など諸経費の上昇で6.0%の2期連続減益予想。前期の大幅計画未達の反省から厳しく見積もったと思われる。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事