2022年08月20日( 土 )
by データ・マックス

主要8社の前期経常利益率、イオン九州除き軒並み低下

 これまでに判明した主要スーパー・ディスカウントストア8社の2022年2~3月期の経常利益率は、合併効果で上昇したイオン九州を除き前年度から悪化した。巣ごもり消費の反動で売上が苦戦する一方、競争激化や特売と見切り処分の増加で粗利益率が悪化した。チラシ再開で販管費が増えたのも利益率を圧迫した。

 経常利益率の最高はイズミの5.13%。販管費を0.7%削減したが、粗利益率悪化が響き、0.18ポイント低下した。イズミの経常利益率の分母となる営業収益にはテナントの売上が含まれる。今期は「収益認識に関する会計基準」の適用で経常利益率は7%台にハネ上がる。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事