2022年08月20日( 土 )
by データ・マックス

九州FG 台湾・玉山銀行と業務提携

 九州フィナンシャルグループ(FG)は6日、肥後銀行と鹿児島銀行が同日、台湾の玉山商業銀行股份有限公司(台北市、以下、玉山銀行)と、「業務提携に関する覚書」を締結したと発表した。双方のノウハウやネットワークを生かし、相互の経済交流を促進するとしている。

 本提携の覚書事項は以下の4点。

(1)海外進出支援 
(2)農林水産業、再生可能エネルギー事業、地方創生をはじめとした産業支援 
(3)金融・非金融サービスの提供 
(4)各種支援、サービスに係る人材交流

 玉山銀行は1992年設立、台湾の中小企業向け融資でトップのシェアを占めている。台湾に139拠点、海外には2017年開設の東京支店を含め、9カ国に28拠点を有している。今年2月に埼玉りそな銀行とも業務提携を締結している。

 台湾メディアによると、玉山銀行董事長の黄男州氏は6日の記者会見で、玉山銀行と九州FGは企業文化や経営理念において相通じるものがあり、この提携が台湾―九州間のビジネス・投資および人材交流のためのプラットフォームとして発展することへの期待を表明した。現在、玉山銀行は福岡に国内2店目となる支店の開設を準備している。

【茅野 雅弘】

関連記事