2024年05月23日( 木 )

好みの家を具現化、戸建のプラットフォーマーへ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(株)Lib Work 代表取締役CEO 瀬口 力 氏

(株)Lib Work
代表取締役CEO 瀬口 力 氏

 単に家を売るのではなく、ゆたかな「暮らし」を「創造」する企業への成長を目指し、九州にとどまらず関東でも心地よい生活空間を提供する(株)Lib Work(東証グロース)。福岡へ本格的に進出する同社の戦略について、代表取締役CEO・瀬口力氏に話を聞いた。

営業拠点を増やし、さらに集客を

 ──2020年の「niko and ... 」をはじめ、福岡都市圏でさまざまな企業とコラボしたモデルハウスを展開されています。

 瀬口 今年5月には福岡市西区のhitマリナ通り住宅展示場で、Afternoon Teaとコラボした「Afternoon Tea HOUSE」を、6月には福岡都市高速・福重ICのすぐ目の前の場所で、無印良品とコラボした無印良品の家の2商品である「木の家」「陽(よう)の家」のモデルハウスをオープンしました。アパレルや雑貨などの業種とコラボし、お客さまのライフタイルに合わせたさまざまな商品をそろえることで、そのブランドの世界観や商品の思想、遊び心を提供できればと期待しています。

Afternoon tea HOUSE(hitマリナ通り住宅展示場)
Afternoon tea HOUSE(hitマリナ通り住宅展示場)

 10月には、福岡県大野城市のhit大野城住宅展示場で「niko and ... 」のモデルハウスをオープンさせる予定です。総合展示場の集客は、少なくなってきているのが現状ですが、住宅会社ごとに集客方法は異なっており、当社の場合はネットから実際の家を見てみたいというお客さまが多く、集客は好調です。今後も、福岡県内で2~3カ所の住宅展示場に出店したいと思っております。

 ──関東エリアでも、拠点を増やされています。

 瀬口 神奈川県を中心に建売事業を手がけているタクエーホーム(株)を20年7月に子会社化したことを皮切りに、関東エリアでの展開を進めています。22年1月には千葉北住宅展示場にモデルハウスを開設したほか、21年11月には主にマーケテイング事業を行う東京オフィスを新設しました。今期は千葉県で、1~2カ所のモデルハウス新設を考えています。

 ありがたいことに、タクエーホームの業績は、初年度が約10億円、2年目が約19億円、3年目が約37億円と毎年売上高がほぼ倍増となっており、今期は60億円を目指しております。前記の販売戸数は92戸でしたが、今期は150戸を予定しています。来期には200戸までもっていきたいですね。

業界環境に反し、着実に戦力強化を続ける

 ──コロナ禍やウッドショック、ウクライナ侵攻などの影響はいかがでしょうか。

 瀬口 一昨年のコロナ発生当初は、お客さまの購買意欲が低下していたのは事実です。ですが、外出自粛などで“いかに自宅で快適に過ごすか”のニーズの高まりとともに、戸建住宅の需要は増え、ネット集客が強みの当社では受注を増やすことができました。

 一方で、その後の土地価格や木材価格の高騰に加え、原油高によるさまざまな住宅設備機器の高騰および供給不足で住宅価格自体も上がってきており、最近では住宅需要がまた下がりつつあります。

 ──ハウスメーカーのなかには、住宅設備機器不足の影響で工事が遅れるケースも出てきていると聞きます。

 瀬口 幸い当社では、仕入先の機器メーカーなどが協力的でしたので、何とか確保することができました。前期は予定していた全戸を遅延することなく引き渡すことができていますし、今年6月単月で見ても前年同月比で引き渡し戸数を伸ばすことができました。

 ──業界内外で人手不足のなか、毎年新卒の社員を採用されています。

 瀬口 今年はとくに多くの方に入社いただき、リブワーク単体で67名、グループ企業のタクエーホームには3名と、グループ全体の新卒採用数は70名となりました。大変ありがたいことに、毎年多くの学生に入社を希望していただいております。来年の新卒社員は、例年並みの50名程度で考えています。一方で、新卒社員とのバランスを考えて中途採用にも注力し、中間管理職の強化も図っていきたいと思います。

【内山 義之】


<COMPANY INFORMATION>
(株)Lib Work

代 表:瀬口 力
所在地:熊本県山鹿市鍋田178-1
設 立:1997年8月
資本金:10億1,477万3,198円
URL:https://www.libwork.co.jp

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事