2024年02月29日( 木 )

福岡空港事務所新築工事、大成建設が120億円で契約

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 国土交通省・大阪航空局は、7日、技術提案・交渉方式で実施していた「福岡空港事務所新庁舎・管制塔新築工事」について、119億9,000万円(税込)で大成建設(株)九州支店と契約したことを発表した。

 工事の概要は、庁舎(連絡通路・外構を含む)が、S造地上7階建ての延床面積17,943.34m2。管制塔がS造地上13階建ての延床面積3,305.51m2で、工期は、2024年10月31日までを予定している。

▼関連記事
福岡空港新庁舎および管制塔新築設計、大成建設に委託
都市高が福岡空港へ延伸、2029年度の開通目指す

【代 源太朗】

関連記事