2024年06月20日( 木 )

大英産業、社長交代へ~経営陣の若返り図る

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 北九州を拠点に、九州全域で新築分譲マンション「サンパーク」や新築分譲戸建「サンコート」シリーズなどを供給する大英産業(株)は、本日、取締役会を開催し、社長交代を決議した。

 これまで経営トップとして20年以上の長きに渡り同社を牽引してきた代表取締役社長・大園信氏は取締役会長に就任。代表取締役社長には、専務取締役の一ノ瀬謙二氏が就任する。異動は10月1日付。

 同社は異動の理由として、11月28日をもって同社が創業55周年の節目を迎えるにあたり、経営陣の若返りを図ることで、変化が厳しい経営環境に迅速な対応が可能な体制を構築し、企業価値の向上をはたすためとしている。

 社長に就任する一ノ瀬氏は、1980年生まれ。不動産事業部長を経て、13年10月、常務取締役および管理本部長に就任。21年10月に専務取締役に就任していた。

▼関連記事
組織づくりは次のステージへ~次の50年目指す大英産業の挑戦(前)

【代 源太朗】

関連記事