• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月15日 16:29

井上貴博衆院議員、山笠に姿見せず

 自民党の井上貴博衆院議員(福岡1区)は15日、博多祇園山笠のクライマックス、追い山にも結局姿を現さなかった。博多祇園山笠振興会相談役でありながら、前日まで山笠の行事に姿を見せず、追い山が最後の機会だった。
 井上氏の所属する中洲流の中洲1丁目詰所には、追い山に向かうため14日午後11時半過ぎ頃から若手の男衆が集まってきたが、井上氏は見られず、翌日午前1時30分の町舁出、午前1時40分の山列入りにも来ていなかった。

 国会の会期中とはいえ、井上氏の所属する経済産業委員会は、15日には予定がなかった。
 井上氏の祖父や父が振興会の会長を務め、自身も振興会相談役を務めるだけに、国会会期中とはいえ、追い山に顔を見せるのは当然と男衆は疑いもしていなかった。

 報道抑圧発言や選挙活動費用収支報告書の寄付金1,300万円を虚偽記載など、問題が浮上し、マスコミから取材攻めにあっているかもしれないが、真相を聞きたいのは有権者も同じだ。地元民に積極的に説明するのが国民の信託を受けた議員の務めでもある。
 追い山直前、櫛田神社の前でも「直前になって来られるのでは」という声があったほど。しかし、井上氏は姿をみせず男衆らの期待は裏切られた。
 追い山終了後に詰所に取材にいくと、「今年は来ていない」と中洲流の若手頭は話し、「連絡もなかった」とも語った。山笠の熱気は鎮めの能で終わりを迎えるが、疑惑や不信感を払拭するには自ら有権者に説明しなければ終わることはない。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月22日 17:10

【10/28】明治産業×プロバスケ・ライジングゼファーがコラボ企画「RIZIN GIRL DAY」実施 推しメングランプリも開催

 不動産資産管理、エネルギー販売などを行う(株)明治産業は28日、プロバスケットボールBリーグ「ライジングゼファーフクオカ」の対西宮ストークス戦に合わせて、コラボ企画...

2020年10月22日 16:42

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(24)ブラジルでの年末・年始

 ブラジルのリオデジャネイロ駐在中、日本人駐在員や現地日系人と家族連れでリオデジャネイロ湾のクルージングに参加し、正月を祝った...

2020年10月22日 16:33

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(3)

 筆者らは4月7日に、ドコモと第1回携帯電話受信調(以下、受信調査)を行うことにした。折しも、新型コロナの非常事態宣言が出される4月8日の前日であった...

2020年10月22日 16:17

グランディアが事務所移転

 マンションデベロッパーの(株)グランディアが11月9日に事務所を移転する...

2020年10月22日 15:40

ヤクルト本社、仏ダノンとの資本関係解消 背景にはダノンを利用した経営陣と販社の対立(後)

 社長の堀が怯えたのはオーナー的存在の松園家の影響力である。当時、ヤクルトの「天皇」と呼ばれた元会長松園(故人)の資産管理会社、松尚(株)が、ヤクルト株の6.5%を保...

2020年10月22日 15:09

ぬいぐるみギフト専門店「Fuzzbuzz by Hamleys」キャナルシティ博多にNewオープン!

 日本最大級のぬいぐるみギフト専門店「Fuzzbuzz by Hamleys(ファズバズ バイ ハムリーズ)」が、10月2日(金)「ハムリーズ キャナルシティ博多店」...

2020年10月22日 13:50

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (19)山口銀行に近かった関係者談(続き)

 「実をいうと、このような話は生命保険業界では珍しい話ではなく、時々耳にします。しかし、被害者が営業社員を信用し、訴えようとはしないため、詐欺事件として表に出ないこと...

2020年10月22日 13:31

【11/7~】かしいかえんでイルミネーション、今年のテーマは「祈り」

 西日本鉄道(株)は、遊園地「かしいかえんシルバニアガーデン」において、2020年11月7日(土)から21年4月6日(火)の間、「イノルミネーション 光の折り鶴」を開...

2020年10月22日 12:09

福岡市で国内初の電動キックボードの公道での実証実験をスタート~mobby ride 市民向け体験試乗会も実施【10/24.25、11月週末】

 20日、福岡市で国内初となる電動キックボードの公道での実証実験がスタートした。同日には実施者である(株)mobby rideによるデモンストレーションが実施され、高...

2020年10月22日 11:11

ANA、21年3月期の最終赤字5,300億円、過去最大

 全日本空輸(株)を傘下にもつANAホールディングス(株)の2021年3月期の連結純損益が、約5,300億円の赤字になる見通しとなった...

pagetop