• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月28日 13:57

開発途上国の水道技術職員研修受け入れ

福岡市水道局

 福岡市水道局はJICAの課題別研修である「上水道無収水量管理対策」を行うために、開発途上国の研修者の受け入れ研修を実施。福岡市が提唱する水道局の国際技術協力活動の一環として水道事業の運営や漏水防止等に関する講義・実習・視察を現在開催している。現在でも開発途上国に技術協力を提供する福岡市においては、更なる技術向上と参加各国の関係強化を目的に今回の研修を計画した。

 課題研修として「上水道無収水量管理対策」として行う今回の研修の期間は2015年7月9日から8月3日まで約1カ月間。研修員はバングラディシュ、フィジー、ラオス、ネパール、パキスタン、フィリピン、トンガ、チュニジアの8カ国計12名である。

 研修内容も水道局内で講義、福岡市西区にある水道技術研修所を中心に実習研修、福岡市内の浄水場の視察など研修も多岐にわたるプログラムが用意されており、濃密な水道技術習得の研修が行われた。

 今回取材したのは7月24日に行われた福岡市内企業の技術紹介と意見交換会。場所は福岡市水道局内で行われた。企業の参加は4社であったが、各社とも英語で説明されたパンフレットを提供しつつ、同時通訳で行なわれたプレゼンテーションで技術をアピールしていた。対する研修生も各企業に対して英語と日本語を混ぜながら数多くの質問をしており、関心の高さが伺えた

kensyu kensyu2

 福岡市はミャンマー連邦共和国ヤンゴン市と都市間連携の強化に向け「まちづくり協力・支援に関する覚書」を締結。そして、2015年5月、ヤンゴン市水道事業に関するODA 案件を官民連携で受注している。

 過去に大渇水を何度も経験した福岡市。それゆえに持つ高いレベルの水道分野の取組みが官民で行なわれてきた。これからこの技術をもって開発途上国へ国際貢献しつつ、ビジネス展開できるキッカケとなればよいだろう。

【道山 憲一】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月06日 15:31

(特養)「愛香苑」のコロナ対策NEW!

 利用者に心から接する介護をモットーとしている「愛香苑」では、新型コロナウイルス感染症対策をどのように講じているか...

2020年07月06日 15:05

【政界インサイダー情報】長崎、横浜、和歌山IR、すべて国の申請締め切りに間に合う??NEW!

 7月2日に長崎県は、「基本方針案のIR区域整備計画の申請受付期間が、“2021年1~7月まで”という問題に対して、締め切りまでにすべて準備は整う」と国土交通省に回答...

2020年07月06日 14:14

梅雨空の下、志賀島の勝馬海岸を歩くNEW!

 いまにも雨が降りそうな梅雨空であったため、遠くの視界は望めない。しかし、曇り空のどんよりした海辺の風情も、乙なものである...

2020年07月06日 13:39

おおいに怒る玉屋リネンサービス・田中丸昌宏社長NEW!

 ここにきて、にわかに玉屋リネンサービス(株)のM&A説が流れ出した。「玉屋リネンサービスがJR九州の関連企業に買収される」というのが、風評の中味である...

2020年07月06日 13:00

中国東北部と北朝鮮で活発化する火山活動:富士山の噴火も(3)NEW!

 いずれにせよ、日本に近い朝鮮半島でも中国との国境沿いにある白頭山の噴火の予兆が明らかとなり、中国政府は自国民に対し、立ち入り禁止措置を発令した...

2020年07月06日 11:58

九州南部豪雨 今後も警戒を!NEW!

 7月4日4時50分に気象庁から大雨特別警報が発令された、熊本・鹿児島両県。発令後わずか約1時間後に、熊本県球磨村で球磨川が氾濫したと発表した...

2020年07月06日 11:30

九州南部豪雨による救援要請を102件受付~JAF九州NEW!

 7月5日、日本自動車連盟(JAF)九州本部は、3日夜から4日の九州南部の豪雨によるロードサービス救援要請を102件受け付けたと発表した...

2020年07月06日 11:18

熊本県南部の豪雨により死者24名、行方不明11名~引き続き特別警報発出中NEW!

 熊本県南部の集中豪雨により、7月5日までに計24人の死亡が確認された。人吉市9人、芦北町9人、八代市3人、球磨村2人、津奈木町1人となっている...

都知事選教訓に直ちに衆院選対応着手NEW!

 小池都政に終止符を打つかどうかが争点だったが、小池都政NOの勢力から宇都宮氏と山本氏の2名が出馬し、票が割れたため、小池氏が楽勝する構図が構築された...

2020年07月06日 09:30

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(4)

 支配的な優越者が隠蔽しなければならなかった真実とは、原子力発電事業が当初から疑獄まみれであったことや、この事業に際限なく「公金」が投入されたことである...

pagetop