• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月05日 07:04

白紙撤回の新国立競技場はどこへいく(後)

 7月、批判が噴出していた新国立競技場を取り巻く状況が一変した。安倍首相の鶴の一声で計画の見直しが決まったからだ。安保法制で落ち込んだ支持率復活という見解もあるが、とにもかくにも前途多難な再スタートを切ることになった。とはいえ、いまだ誰がどう責任をとるのか不明瞭なままだ。建築そして都市計画という2つの視点から、責任の所在について見ていきたい。

デザインビルドへの道

新国立競技場<

新国立競技場

 新国立競技場の見直しが決まると、事業主体の独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)に対し、コストが高すぎると批判された建築家のザハ・ハディド氏サイドが噛みついた。ザハ氏の主な論点は、3つある。

 1つ目は、急激な建設コストの上昇だ。オリンピック開催決定後、日本では建設需要が増加し、また円安により輸入材料の値段が上がった。2つ目は、実際に建設を行なうゼネコンを決めるとき、見積額を提示させず、十分な価格競争がないまま早期に選んでしまったこと。3つ目は、ザハ氏を含めた設計チームとゼネコンが一体となってコスト削減をしていくことを求めたが、それが許されなかったというものだ。
 ザハ氏の主張が本当だとすれば、コスト面の問題を大きくした原因は、デザイン、基本設計、実施設計、施工という工程がバラバラで進められ、文科省やJSCがコストマネジメントをきちんとできていなかった結果だということになる。

 このような大型物件の場合、設計施工一括方式、いわゆる「デザインビルド」(DB)という手法がとられるケースがある。通常は設計部門を持つゼネコンが基本設計から施工までをすべて手掛けることを指すが、デザイン会社が実施設計までゼネコン組んで行うこともある。
 目的はコスト削減と工期短縮だ。資材調達や労務費などはデザイン会社だけでは読みにくい。そこで資材・労務の実情と施工技術に詳しいゼネコンに最初から関わってもらえば、適切な見積もりと工期がはじき出せるという算段だ。欧米では比較的この手法が浸透しており、日本でも各自治体ではすでに導入されている。
 ザハ氏もこれをJSCに提言したのだろう。今回の計画の白紙撤回を受けて、DBによる新競技場の建設が再検討されているようだ。

 実は今年3月、東京オリンピックの全10施設のうち、特殊な技術を要する3施設をDBで建設することになった。もちろん、設計会社からすれば自分たちの仕事が奪われるから面白くない。設計業界団体の抗議もあったが、東京都はあくまで「五輪開催まで日数が限られており、工事の効率的な工期短縮とコスト削減のため、あくまで1つの方法として提案した」という。
 では、JSCおよび文部科学省がこのDB方式を一度でも検証したかといえば、そうした痕跡は少なくとも取材中には出てこなかった。

 業者選定の不透明さもさることながら、何としても2019年のラグビーワールドカップに間に合わせたいという焦りからか、こうした建築上の方式を比較検討しなかったのもコストアップの一因となったことは否めない。
 実はDBの提案は、新国立競技場の建て替えが決まった当初から、ゼネコンサイドからも出ていたようだ。業界団体の一般社団法人日本建設業連合会(日建連)がJSCらにDBを提案したが「門前払いだった」(日建連関係者)という。
 建築に疎いとされる文科省やJSCの能力の限界が露呈してしまった。彼らの手を離れ、今後は内閣主導で新国立競技場計画は進められることになる。

(了)
【大根田 康介】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月15日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(3)NEW!

 このように、行政主導による構造検証においても、設計の偽装が見逃されていた。全国のマンションやホテルなどにおいて偽装が続けられ...

2020年07月15日 07:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(6)NEW!

 コロワイドは、最初から実行するべきTOBをなぜしなかったか。これも、理由ははっきりしている。「のれん代」がネックとなったからだ...

2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月14...

2020年07月14日 16:00

ストラテジーブレティン(256号)~日本を蘇生に導くハイテク大ブーム~米中対決のカギを握る半導体、言わば現代の石油(1)

 米中対決は香港の一国二制度の崩壊で決定的となった。現世界情勢の特徴は「中国の一方的攻勢」であろう。インド国境、南シナ海、東シナ海・尖閣列島では周辺への威圧を強めてい...

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字に

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

2020年07月14日 11:30

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(2)

 筆者が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」でも設計の偽装が明らかになったため、区分所有者として、建築確認を行った大分県および別府市に対し質問書を送付した...

pagetop