2024年07月26日( 金 )

「草の根」が「与野党相乗り」を制す 衰退から成長への転換点となるか

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

2月5日に投開票された北九州市長選挙は、元厚生労働官僚の武内和久氏(51)が、元国土交通官僚の津森洋介氏(47、自民、立民、公明、国民推薦)ら3名を破り、初当選をはたした。政令指定都市での16年ぶ...

この記事は会員限定です。
ユーザー登録すると閲覧いただけます。

関連キーワード

関連記事