2024年05月22日( 水 )

【福岡】免震偽装のタワマンを大和ハウスが取得

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 大和ハウス工業(株)(東証プライム)が、福岡市中央区のタワーマンション「カスタリア大濠ベイタワー(以下、カスタリア大濠)」をTOYO TIRE(株)(東証プライム)から取得していたことがわかった。

 カスタリア大濠には、TOYO TIRE(当時・東洋ゴム工業)によるデータ改ざんが行われた免震ゴムが使われていたが、ゴムの交換対応となっていた多くの物件と異なり、TOYO TIREによる買い取り対応となっていたことは既報(【福岡】免震偽装のタワマン、解体後の土地利用を考察)の通り。

解体工事が始まった「カスタリア大濠ベイタワー」
解体工事が始まった
「カスタリア大濠ベイタワー」

    TOYO TIREは更地で売却するものと見られたが、昨年11月、建物が残った状態で大和ハウス工業へ売却されていたことがわかった。TOYO TIREは、大和ハウス工業が主力スポンサーの大和ハウスリート投資法人から取得し、大和ハウス工業へ売却したこととなる。TOYO TIREは37億4,000万円で取得していたが、売却額は非公開。

 当時、TOYO TIREは「解体する予定」というものの、今後の土地利用については、「非公開」としていた。その予定通り、解体工事は今年2月に着手され、完了は25年7月となる見通し。跡地の活用について大和ハウス工業は、「回答できない」という。

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事