2024年07月17日( 水 )

【久留米市議選】現職・松延洋一氏が事務所開き

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 

松延洋一・久留米市議会議員
松延洋一・久留米市議会議員

  4月23日投開票の久留米市議選挙に立候補を予定している現職の松延洋一久留米市議会議員(自民党)が、21日、事務所開きを行った。雨の降るなか、松延市議の地元支援者をはじめ、支援団体など100人以上が駆けつけた。

 事務所開きに際し、来賓挨拶として、久留米市長の原口新五氏と福岡県議会議員の原口剣生氏がそれぞれ激励の言葉を贈った。

原口新五・久留米市長
原口新五・久留米市長

    「久留米の中心の合川校区は、高いポテンシャルを誇る地区でありながら、たびたび水害に見舞われてきた土地でもあります。そこで、久留米市の水害関係として、福岡県から250億円、久留米市が150億円の、合計400億円の予算を組みました。

 我々政治家は、いろいろな政策に先んじて、まず一番に30万人の方々の意識を高めることに取り組むべきです。とくに、コロナによる閉塞感が蔓延するいま、皆さんが一歩ずつ前に進めるようにしていかなければなりません。これは我々政治家の責務です。水害関係は県・市で最大限尽力していきます。あとは、地域のコミュニティを再開することです。抱えている問題は地域によってさまざまです。私は地域の決定に基づき、良い資金をつくります。地域のことは地元の人にしかわかりません。地域主導でやっていかなければならないと思います。

 というわけで、みなさん、ぜひ松延議員に相談してください。松延議員は私と話し合います。原口県議とも話し合います。県と市と市議会とスクラムを組ませていただける体制づくりを取らせてください。立派に責務をはたしてみせます」(原口新五・久留米市長)。

原口剣生・福岡県議会議員
原口剣生・福岡県議会議員

    「合川校区は急成長した地域です。この地域の舵取りをしていただける市議会議員が絶対に必要です。今は松延市議1人。この方をおいて、いったい誰が皆さま方の安全・安心を守れましょうか。十三部交差点に防犯カメラを付けるなど、松延市議は地域のために行動しています。地域からの要望を聞き、若い方から年配の方まで守っていくのが政治家。松延市議はすばらしく行動力のある人です。地域の皆さまと膝を付き合わせ、皆さまに必要とされることを実現していく、そんな松延市議の行動力を、私は尊敬しています」(原口剣生・福岡県議会議員)。

 その後に登壇した松延氏は、地域を守る防犯カメラ設置の実績を振り返りつつ、「原口新五市長、原口剣生県議会議員の流れを汲んで一生懸命仕事をしていきたいと思います。誠実に仕事をしていくと、皆さま方にお約束することができます」と決意を述べた。

 一期目の実績として、「十三部交差点の防犯カメラ設置」や、浸水被害の軽減を図る目的で「枝光上流排水機場増設工事」の早期完成に努めたほか、「東合川5丁目除草浚渫工事」「合川町枝光安全柵改修工事」「下弓削川嵩上げ工事」などの安全対策を挙げた。

【久留米市議選】現職・松延洋一氏が事務所開き

【内山 義之】

法人名

関連記事