2024年05月20日( 月 )

大成建設 ビル施工不良で大幅減益、来期以降は「利益重視」

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 12日、大成建設(株)(東証プライム)が2023年3月期(連結)の決算発表を行った。

 同期は売上高1兆6,427億円(前期比6.4%増)、営業利益547億円(同43.0%減)、経常利益631億円(同38.9%減)、当期利益471億円(同34.0%減)を計上。札幌市の高層ビル「(仮称)札幌北1西5計画」の施工不良に係る是正工事関連費用として、約240億円を工事原価として追加計上したことから、大幅減益となった。受注高は、すべてのセグメントで増加し、前期比13.9%増となる1兆8,104億円となった。

 24年3月期は売上高1兆7,600億円(同7.1%増)、営業利益640億円(同16.9%増)、経常利益670億円(同6.1%増)、当期利益450億円(同4.5%減)、受注高は1兆7,800億円を予想している。需要面は良好としながらも、資材価格の高止まりにより利益水準は前期並みとなる見通し。

 中計最終年度および次期中期経営計画に向けた施策としては、適正な事業量の確保と生産体制の立て直し、「利益重視主義」の再徹底、全社一体となった価格転嫁交渉の継続の3点を掲げた。

【永上 隼人】

関連記事