2024年06月22日( 土 )

きょくとうがコロナ雇調金約3億8,000万円を不正受給、返還へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 クリーニング事業を展開する(株)きょくとう(東証スタンダード、福岡市博多区)は23日、新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金について不正受給があり、全額を返還することを決定したと発表した。不正受給額は約3億8,779万円で、違約金と延滞金を含めた納付額は約4億8,430万円にのぼる。

 福岡労働局から今年1月、申請内容に疑義があるとの指摘を受け、外部の特別調査委員会などで調査し判明した。

 同社は従業員の雇用維持のため2020年4月から22年9月まで助成金を受給。その一部について、実際には休業していない、あるいは休日出勤した従業員がいたにもかかわらず、休業したように装い申請していたという。

 同社では24日、コンプライアンス意識向上や内部監査機能の強化見直しなどの再発防止策ならびに、会長兼社長が30%、専務は20%の月額報酬を減額(7月からの2カ月間)とすることを発表した。

【田中 直輝】

関連キーワード

関連記事