2024年07月13日( 土 )

東邦ハウジングの親会社、福岡大名ガーデンシティへ移転

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 不動産仲介・管理などを手がける東邦ハウジング(株)(福岡市中央区)や、ゾンクホテル・グームホテルなどのホテル運営を手がける(株)ホテリエ(福岡市博多区)を傘下に置く、(株)GGU(代表:村上篤史氏)は、2022年12月に竣工した「福岡大名ガーデンシティ」へ事務所を移転する。業務開始は6月1日を予定している。

福岡大名ガーデンシティ
福岡大名ガーデンシティ

    GGUの村上社長は移転について次のようにコメントした。「福岡大名ガーデンシティは、まさに現代における天守閣のような存在です。このたび、私たちはグループで最も重要な機能を移転させる決断をいたしました。大名のまちづくりにより一層注力し、皆さまにとってより快適な時間・空間の提供に貢献できるよう、全力を尽くしてまいります」。

 同ビルでは、6月21日に九州初のラグジュアリーホテル 「ザ・リッツ・カールトン ホテル」が開業予定で、オフィス入居は4月から開始していた。

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事