2024年04月21日( 日 )

御社の広告が刺さらないワケ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 今回は「御社の広告が刺さらないワケ」についてお話しします。

 現代は、広告で溢れかえっています。街中もスマホのなかも広告だらけです。そのような状況で、広告を掲出してもお客さまは反応しません。

 笑い話ですが、子どもはYouTubeを見る際に、まず「広告のスキップ」を覚えるらしいです(笑)。広告というのは嫌われる対象なのです。なぜ、広告はそこまで嫌われるのでしょうか?

 答えは簡単。必要ないからです。もっといえば、お客さまが「自分事ではない」と思っているから嫌われるのです。では、どうすれば自分事として捉えていただけるのでしょう。

    答えは簡単です。ターゲットを絞り込んだ“刺さるキャッチコピー”をつくればいいのです。たとえば、福岡市・天神の駅前で「皆さん!」と言って振り向く人は、どれくらいいるでしょうか?振り向いたとしても、自分事としては捉えてくれずに、すぐに歩き出します。

 では、「30代男性で3年以内に結婚した皆さん!」というとどうなるでしょうか?振り向く人数自体は減るかもしれませんが、「30代男性で3年以内に結婚した」人は、振り向くどころか、ずっと気になるでしょう。

 適切な例ではなかったかもしれませんが、刺さるキャッチコピーとは、ターゲットを絞り込むことから始まります。数を取りに行くのではなく、ターゲットだけを取りに行く。捨てる勇気をもって、絞り込んだ広告をつくってみてください。

 次回もお役立ちできるノウハウをお伝えしますね。


<プロフィール>
山本 啓一

(やまもと・けいいち)
1973年生まれ。大学に5年在学し中退。フリーターを1年経験後、福岡で2年ほど芸人生活を送る。漫才・コントを学び舞台や数回テレビに出るがまったく売れずに引退。27歳で初就職し、過酷な飛び込み営業を経験。努力の末、入社3年後には社内トップとなる売上高1億円を達成。2004年、31歳でエンドライン(株)を創業。わずか2年半で年商1億2,000万円の会社に成長させる。「エッジの効いたアナログ販促」と「成果が見えるメディアサービス」でリアル店舗をモリアゲる「モリアゲアドバイザー」として、福岡を中心として全国にサービス展開中。

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事