2024年07月23日( 火 )

大橋駅前・ゆめアール跡地に暫定活用で「はらっぱ」誕生

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡・大橋の「ゆめアール大橋」跡地を取得したえんホールディングス(福岡市博多区)は、跡地の暫定活用として、地域に開いた広場「OHASHIはらっぱ」を整備し、1日から供用開始した。

 OHASHIはらっぱには、自由に休めるベンチや天然芝のオープンスペースなどが整備され、キッチンカーの出店やイベント開催なども想定したつくりとなっている。

現地の様子
現地の様子

 同社は22年8月、福岡市が行った「ゆめアール大橋」跡地売却の事業者公募で、優先交渉権を取得。「(仮称) OHASHI HILL」と名付けられた地上6階建の複合施設開発を計画している。「ウェルネス」 「多様性」 「環境」 「文化芸術」をコンセプトに、大橋駅前にみんなが「居場所感」を得られる施設を生み出していくといい、「地域の皆様の“暮らし”をより豊かなものとし地域の方や企業との“えん”を繋ぐ様々な取り組みを実施していきます」(同社)としている。

 (仮称) OHASHI HILL には、1階にスーパーマーケットや木かげ広場、2階にクリニックやフィットネスジム、3~5階にオフィスや駐車場、6階にカフェや一時保育所、スターパーク(屋上広場)のほか地域の活動拠点となる「おおはしラボ」が設置される予定。基本方針には、「南部広域拠点としての機能の拡張、地域の暮らしの質の向上を実現」「南区の文化芸術と都市の魅力を高めるために貢献」の2つを掲げる。施設開業は25年3月を予定している。

OHASHI HILL

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事