2024年06月16日( 日 )

「花や緑の文化が広がれば」 大橋駅の憩いの場で交流会

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 22日、西鉄・大橋駅東口の「OHASHIはらっぱ」にて、交流イベントが開催された。

西鉄・大橋駅東口「OHASHIはらっぱ」西鉄・大橋駅東口「OHASHIはらっぱ」     「OHASHIはらっぱ」内の菜園では、近隣のおおはし保育園の園児による植付体験会、ウェルカムガーデンでは、世界的庭園デザイナー・石原和幸氏がレクチャーする植付体験会も行われた。石原氏は、「花・緑っていいなと思っていただいて、花や緑の文化がこの小さな花壇から広がっていけばいいなと思っています」と話した。石原氏は福岡市が推進する「一人一花運動」のアンバサダーも務める。

エンクル オオハシ イメージパース(「OHASI HILL」は仮称当時の名称)
エンクル オオハシ イメージパース
(「OHASI HILL」は仮称当時の名称)

    事業者公募を経て、「ゆめアール大橋」跡地を取得したえんホールディングス(福岡市博多区)は、2025年3月完成予定で、複合商業施設「エンクル オオハシ」(従来まで「(仮称)OHASHI HLL」と呼称)の開発を計画。跡地の暫定活用として、地域に開いた広場「OHASHIはらっぱ」を整備し、1日から供用を開始していた。広場には、自由に休めるベンチや天然芝のオープンスペースなどが設けられている。

 交流イベント開催にあたって、同社の原田透社長は、「エンクル オオハシ着工までの短い間ですが、地域の皆さまにとってなにかできないかという思いで、この企画を立ち上げました。この場所で、楽しく過ごしていただければ」と話した。

右がえんHD 原田透社長、左が石原和幸氏
右がえんHD 原田透社長、左が石原和幸氏

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事