2024年07月21日( 日 )

誠心誠意、技術を尽くし、安心・安全を「BUILD」する

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

(株)松本組

地元福岡の活力とまちづくりに
寄与する老舗総合建設グループ

 2016年に創業100周年の節目を迎えた(株)松本組は、福岡地区でも有数の老舗地場ゼネコンとして高い知名度を誇る。祖業である土木工事に強みをもち、道路や橋梁、ダムなどの社会インフラ整備を幅広く手がける一方で、民間の建築工事でも多数の実績を有している。同社の受注先は国土交通省、福岡県、福岡市など官公庁や自治体に加え、西日本高速道路(NEXCO西日本)、(独)都市再生機構(UR都市機構)などの公的法人、九州電力や西日本鉄道といった地元民間大手企業など多岐にわたる。関連会社は舗装工事を手がける福岡道路(株)、不動産関連の(株)陽光商事を有している。

(株)松本組 代表取締役社長 松本優三 氏
(株)松本組
代表取締役社長 松本 優三 氏

    福岡本社のほかに東京都品川区と久留米市に事業拠点を設置し、県内一円および東京都内でも豊富な工事実績を残している同社だが、メインはやはり福岡市だ。その福岡市では現在、市が主導する都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバンや博多コネクティッドなどが活発に動いている。「今、都市としての福岡市が変わっていくことについては、非常に大きな期待をしています。再開発プロジェクトが活発に動いていますが、ビルの更新時期に合わせて高さ制限や容積率の緩和などの施策によって建替えを促し、まさに“百年の計”で、ちょうど都市がめくれる時期にきていると感じています」と代表取締役社長・松本優三氏は語る。

豊富な実績と高い技術力で
福岡のまちを下支えする

左:カフェ&レストラン施設「SHIP’S GARDEN」
右:「MARK IS 福岡ももち」

 同社では15年には、天神ビッグバンの先駆けとなるPPP事業(官民一体型運営事業)として福岡市中央区天神の水上公園に建設されたカフェ&レストラン施設「SHIP‘S GARDEN」の建設工事に参画。同案件は翌16年「第27回福岡市都市景観賞 一般建築の部 大賞」と「第29回福岡県美しいまちづくり建築賞 大賞」のダブル受賞という輝かしい結果を残した。

 さらに18年11月に開業した福岡市内最大規模の商業施設「マークイズ(MARK IS)福岡ももち」の施工にも竹中・錢高・小林・松本・坂下JVの1社として施工に参画。その高い技術力・施工力で福岡市内の数々のランドマーク的な建築物に携わっている。また近年、既存建造物の老朽化にともなう改築・改修工事の需要も高まるなかで、業務のDX化を進めながら、高いプロ意識をもって施工を行っている。1つの建造物を長く使い続けることで環境保護にも貢献しているのだ。

 一方で、土木事業では創業時から変わらず、連綿と息づく技術を生かし、暮らしに欠かせない社会基盤・交通基盤のインフラ整備に力を注いできた。18年3月に完成した多目的ダム「五ケ山ダム」(那珂川市)の建設にもJVとして参画している。加えて、22年9月に「筑前沖合域漁場」(宗像市)の魚礁設置工事、23年3月に「福岡3号 千早・名島地区無電柱化18工区工事」(福岡市東区)を手がけている。

 そのほかにも、高速道路関連工事やトンネル、公園や宅地造成など、暮らしに直結したさまざまな工事で松本組が活躍している。九州はとくに自然災害の多い地域であり、頻繁に発生する自然災害の復旧作業で、土木関連工事のニーズも年々高まっている。浸水対策整備事業や軌道保守工事、河川や道路の点検などインフラに関わる土木関連工事を数多く手がけてきた同社は、福岡のまちで暮らす人々にとって、安心感を与える存在となっているといえるだろう。さらに22年7月には、国土交通省九州地方整備局から「令和4年度 工事成績優秀企業」の認定を受けるなど、高い評価を得ている。

左:筑前沖合域漁場(沖合8工区)魚礁設置工事
右:福岡3号 千早・名島地区無電柱化18工区工事

誇りとやりがいをもって、
オンリーワン企業を目指す

 地元福岡で社会インフラ整備や快適な生活環境づくりに取り組んできた同社。松本代表は「昨今の建設業界を取り巻く環境は、加速するグローバル化や多様化、気候変動による自然災害や脱炭素化への対応など、目まぐるしく変化し続けています。このような時代に、これまで以上に地元福岡を中心に社会のインフラ整備に貢献していく企業であり続けたいと考えております。そのためには、企業理念の基である安全・安心を第一に、技術の研鑚に努めながら、時代の変化を読む力、しなやかに対応する力、スピード感をもった行動力を身に付け、建設=「BUILD」を極めるオンリーワン企業を目指していきます」と語るように、地域社会に愛され、信頼される企業づくりを行っている。

 建設から実現する「社会貢献」、和と絆をつくる「人間尊重」を企業理念に、次代を担う建設会社として組織や人材育成にも力を注いでいる。“個”と“人”を尊重する働きやすい環境は、社員のポテンシャルと技術を十二分に引き出している。

 ここで、同社で働く社員の声を紹介したい。「協力業者との信頼関係や現場体制が築かれているので、新入社員も関わりやすく、 職人さんが工法などを親身に教えてくれることも多々あります。若手が活躍できるチャンスに恵まれた職場環境です」「入社後まもなく、福岡市営地下鉄七隈線の延伸工事に携わりました。 『住民の足』である鉄道を守り、安全かつ快適に運行させる大事な裏方であることを誇りに思いますし、今後もこの道を極めていきたいです」など、社員のなかでも「松本組ならでは」の魅力を感じることが多いようだ。

 今後も地域・人を支える精強な礎を築き、松本組の足跡を残しながら、福岡のまちづくりの発展に寄与していくことだろう。


<COMPANY INFORMATION> 
代 表:松本 優三
所在地:福岡市東区馬出1-1-19
創 業:1916年5月
設 立:1966年5月
資本金:1億円
TEL:092-651-1031
URL:https://matsumotogumi.net


<プロフィール> 
松本 優三
(まつもと・ゆうぞう)
1957年11月、福岡市生まれ。明治大学商学部卒業後、81年に(株)松本組へ入社。常務取締役、代表取締役副社長を経て、94年7月、代表取締役社長に就任。(一社)福岡県建設業協会常任顧問、建設業労働災害防止協会福岡県支部顧問。

関連記事