2024年02月23日( 金 )

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(6)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

上海行政の豹変

 上海市政府の豹変ぶりが武野社長に幸運をもたらした。もちろん、環境汚染撲滅の要因となる素材加工業の一掃政策は決定済みであったことは承知のこと。加えて、上海市政府は松江区の目覚ましい発展に直面して「工場開発区ではもったいない」と考えたのである。15年前に松江区を工場開発区に指定して10年前から工場進出をはたした。そこで得た土地利用権(50年間)の収入は莫大なものであっただろうと推察される。

 上海政府が次に考えたこと、欲を掻いたことは「『商業施設・商業地域』に指定すれば土地利用権が数倍高く売れる」という目算だ。写真を参照していただきたい。ショッピングモールの繁盛ぶりは一目瞭然である。日曜昼前ということもあり、飲食店は家族連れで満員であった。この松江区の商業施設の開発業者(デベロッパー)は、上海政府に工場用地よりも高い土地利用権を納めて(5倍ともいわれる)開発権利を取得したのである。

 福岡の一般的な中小企業の経営者からすれば、「上海という社会主義の大都会に、『民間不動産開発業者』などという業種があるのか!!」という素朴な疑問を抱かれることだろう。

 この松江区のモール開発業者は上海の至るところで同様の商業施設を運営しているそうだ。傑物企業の1つとして、上海政府へのパイプはかなりの要人クラスに食い込んでいるとか。上海市政府としても不動産ビジネスをめぐる処理に暗躍してくれる民間企業の存在は重宝がられるのである。不動産取引税の収入は上海市政府にとっても貴重なものなのだ。

不動産のツキは上海でも有効

 松江区の開発進展状況をかいつまんで説明した。読者は「それが野中社長とどういう風に関係があるの?」という素朴な疑問の念を抱かれるであろう。「大いに得した」というのが率直な回答である。まずこの経営者が、先程の浙江省に工場移転を決断したことはすでに述べた通りである。

 この社長はいろいろと思考を巡らせた。「売るべきか、もつべきか」を検討したが、現在の工場をある不動産業者に一括貸しすることにした。前述したように、スタートは本社機能ビルと2棟の工場であった。松江区の工場経営が順調であったから、新しい大型工場を建設できた。5年前のことである。この大型工場の存在が、今回の移転に大きく貢献することになる。

 一括で借り切る不動産業者は、すでに写真で見た通りに大型工場の小口化の間仕切りをして事務所用に用途転換を図っている。また一部ではショールームとしても活用し、40以上に分けて貸しだすそうだ。借り手はたくさんいるとか。武野社長の方には年間1億円の賃貸料支払いする契約を行った。それでもこの不動産業者側は十分にビジネスになるという。この賃収1億円は新工場建設の借入返済に充てるとか。返済原資があれば気分は楽である。

 武野社長は不動産には非常にツキがある人だ。日本でも、購入した土地が10倍以上値上がりして含み資産が膨張した。おかげで銀行に絶大な企業信用を確立した実績がある。松江区においても、工場再開発区から商業施設開発区において用途指定が変更されたことで不動産の価値が暴騰した。

 もし工場用地の又貸しを選択したとするなら、あまりメリットを得られなかったであろう。卓越した経営判断を積み重ね、さらに『不動産の価値の急騰』という後押しを得ながら利益を得ていくのである。こういう特技があれば必ずや経営は成功する。ほかの地方都市行政でも、移転しようとする業者を虎視眈々と狙っている

(つづく)

(株)データ・マックスが主催する「MAX倶楽部NEXT」では5月8日(火)午後5時から、データ・マックスセミナー室(福岡市博多区中洲中島町2-3福岡フジランドビル8F)にて(株)アダルの武野重美代表取締役会長の特別講演会を開催。
中国進出から20年、集大成として新たに開設する新工場への想いを語ってもらう。

参加申し込みはこちらをダウンロードしてプリントアウト、必要事項をご記入の上
FAX:092‐262‐3389
までお送りください。

 
(5)
(7)

関連記事