2024年07月21日( 日 )

玉屋、創業の地飯塚に二子山部屋の稽古場を新設

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
竣工式の様子
竣工式の様子

    福岡県・佐賀県にパチンコホール「玉屋」を12店舗展開する、(株)玉屋(福岡市中央区、山喜多映一代表)と、同社の関連会社で不動産管理などを手がける(株)三和(同、森田守代表)は、このほど旧玉屋飯塚本店で、二子山部屋九州場所の稽古場・宿舎『金剛館』の竣工式を開催した。

 飯塚は玉屋創業の地。同エリアの顔でもあった旧玉屋飯塚本店は、2018年8月に店舗の一部を改装することで、これまでも稽古場として二子山部屋に提供されてきた。そして今年、同店が70周年の節目を迎えることを機に、取り壊しの上、新たに二子山部屋九州場所の拠点、金剛館として生まれ変わることになった。

 金剛館は、土俵や鉄砲柱のほか、トイレや浴室、調理場に休憩室を完備。平時には交流拠点として貸し出すことも考えられており、たとえば地元住民と団体との協衝でワークショップを開催するなど、飯塚での新たな賑わい創出にも一役買いそうだ。

金剛館として生まれ変わった旧玉屋飯塚本店
金剛館として生まれ変わった旧玉屋飯塚本店

 竣工式では、建築主でもある(株)玉屋ホールディングスの代表取締役会長・岩見吉朗氏が「玉屋の創業の地で営業を続けてきた飯塚本町店は惜しまれつつも閉店しましたが、70周年という節目に二子山部屋  九州場所の拠点として新たに生まれ変わりました。これからも飯塚の地に明るい話題を提供できる場にしていきたい」と挨拶を述べた。

《金剛館》
場 所 :福岡県飯塚市本町9-3
立地面積:307.64m2

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事