2024年05月26日( 日 )

姪浜駅南の新たなランドマーク、メイノハマステップス

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市西区姪浜、そして小戸エリアのまちづくりに欠かせない地元企業として、不動産、介護、レジャーなど、多岐にわたり事業を展開している(株)サワライズ(福岡市西区、柴田耕治代表)。同社は現在、福岡市営地下鉄・JR姪浜駅南口から徒歩5分圏内の場所で、「MEINOHAMA STEPS(メイノハマステップス)」を建設中だ。

 メイノハマステップスは地上5階建ての、外壁を取り囲むように配置された階段が特徴的な複合商業施設で、姪浜駅南エリアの新たなランドマークとなることが期待されている。1階には飲食店、2階と3階にはインテリアショップ、4階にはスタジオやコミュニティスペース、5階にはヘアサロンを展開し、施設全体で地域住民のライフデザインを支援する。なお、各フロアはすべてサワライズが運営管理を行う。

 建設は(株)内藤工務店(福岡市中央区、青池美和代表)が担っており、2024年春頃のオープンを予定している。

左:建設中のメイノハマステップス / 右:完成イメージ

▼合わせて読みたい
漁村から炭鉱のまちを経て 持続可能な発展を目指す「姪浜」(前)

【代 源太朗】

関連記事