2024年02月26日( 月 )

力の源HD24年期中間、価格改定効果などで増収増益

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 (株)力の源ホールディングス(本社:福岡市中央区、山根智之代表)はこのほど、2024年3月期第2四半期の連結決算を発表した。それによると、売上高は前年同期比27.3%増の148億7,900万円、営業利益は同68.9%増の13億5,000万円、経常利益は同60.4%増の14億9,100万円、四半期純利益は同48.7%増の10億3,200万円となった。

 新型コロナウイルス感染症が第5類に移行され、人流の回復、入国規制の解除にともなうインバウンドの回復となったが、一方で円安や物価高騰の影響を受けた。しかし23年7月に実施した価格改定や、DX施策により収益性の改善を図り、第2四半期は増収増益で着地した。

 通期業績予測については、売上高が前期比20.6%増の315億円、営業利益が同35.9%増の31億円、経常利益が同40.0%増の32億5,000万円、当期純利益が同38.2%増の22億5,000万円としている。

【立野 夏海】

関連キーワード

関連記事