2024年05月22日( 水 )

大和ハウス、熊本県益城町で工業団地「DPIシリコンヒルズ熊本」起工

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 大和ハウス工業(株)(大阪市北区、芳井敬一代表)は20日、熊本県益城町において工業団地「DPI(ディープロジェクトインダストリー)シリコンヒルズ熊本」を起工した。

 敷地面積は、「福岡 PayPayドーム」の約1.1倍となる約7万9,000m2(販売予定面積約7万4,000m2)で、約8,200~1万7,000m2の6区画に分割する予定。九州自動車道「益城熊本空港インターチェンジ」から約8km、熊本空港から2.5km、熊本駅から18kmに位置し、自動車輸送から空輸、貨物輸送まで対応可能な交通アクセスの良さも特徴の1つだ。

 合志市と菊陽町にまたがる「セミコンテクノパーク」など、大型半導体関連施設が相次いで建設されているエリアにも近接。半導体関連企業の工場や食品工場などの開発にも適しているとしている。

 同社は益城町と8月25日、同工業団地の開発による産業の振興と雇用機会の拡大に寄与するとした、「くまもと臨空テクノパークへの新たな工業団地造成に関する協力協定」を締結していた。

【田中 直輝】

関連記事