2024年04月15日( 月 )

朝倉市新庁舎、前田特定JVが52.5億円で落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 朝倉市発注の「朝倉市新庁舎建設工事」を、前田建設工業(株)を筆頭とする、前田・才田・羽野特定JVが52億5,000万円(税別)で落札した。

 朝倉市は2006年の市町村合併以来、協定書に基づき旧甘木市役所の庁舎を市庁舎として利用してきたが、築50年が経過しようとするなか、老朽化や狭隘性などへの対応が不可欠となっていた。

 新庁舎の建設予定地は朝倉市甘木232-1外で、建築物の概要は、本庁舎がRC造(免震構造)地上6階建ての、延床面積9,125.35m2。附属棟がS造地上2階建ての、延床面積559.32m2で、工期は2025年11月28日までを予定している。

【代 源太朗】

関連キーワード

関連記事