2024年06月16日( 日 )

【参加無料】起業への第一歩! 自己分析と地域課題発見ワークショップ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

古賀市「快生館」

 コロナ禍で閉館となった温泉旅館をリノベーションし、新たに天然温泉付きのシェアオフィスやコワーキングスペース、サテライトオフィスなどのインキュベーション(新規創業・新規起業の支援)施設として生まれ変わった古賀市・薬王寺温泉の「快生館」。同館はこれまで、田辺一城市長が提唱する市内外の知見を掛け合わせる“クロスオーバー”の舞台の1つとして、数々のワーケーションや企業合宿などを受け入れるほか、さまざまな取り組みやイベントを行ってきた。

 その快生館で今回、「起業に興味のある方・検討している方」や「起業に向けた仲間づくりをしたい方」「古賀市に移住してみたい方」などを対象として、「自己分析と地域課題発見ワークショップ」が開催される。同ワークショップは、起業の一歩目となる「どんな仕事で起業するのか」を探す手助けとして、自分の「好き」や「やりたい」を知るための自己分析や、仕事づくりのヒントとして欠かせない地域課題の掘り起こしを2日間かけて実施するというもの。

 具体的には、得意なこと、好きなことなど、改めて自分を見つめ直す「自己分析ワーク」や、見つめ直した“自分”を深堀りして、やりたいことの意味や価値を考える「深堀りワーク」、地域課題を通じて自分のやりたいこと、起業へのヒントを見つけていく「地域課題ワーク(ローカルダイアログ)」などを行っていく。主催は快生館の管理・運営を手がける(株)SALT(福岡市西区)で、ワークショップの講師は、企業誘致や事業支援によって地域の困りごとを解決する(株)あわえ(徳島県美波町)の古賀オフィス(快生館内)・コミュニティマネージャーが務める。

 ワークショップの日程は、1月20日(土)・21日(日)もしくは2月17日(土)・18日(日)のそれぞれ2日間で、参加費は無料。当日はJR古賀駅と快生館を結ぶ送迎バスが出るほか、希望者は有料で快生館に宿泊することも可能となっている(1室1名3,300円、2名1室5,500円/7室限定・先着順)。

【坂田 憲治】


■INFORMATION

<開催日>
【第1日程】1月20日(土)・21日(日)
【第2日程】2月17日(土)・18日(日)
<会場>
快生館(福岡県古賀市薬王寺95)
<参加費>
無料(1日目昼食&懇親会食事、2日目昼食付)
<参加申込み>
申込みフォーム(QRコード)より

<申込締切>
【第1日程】1月18日(木)午後5時
【第2日程】2月15日(木)午後5時
<主催・問い合わせ先>
(株)SALT(info@kaiseikan.info
<協力>
古賀市、(株)あわえ

関連キーワード

関連記事